日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

オールデイブレックファストの穴場カフェ「Breakfast Story」へ行ってきた。

休みの日も基本的に引きこもっている私ですが、先日友人と朝活しようってことになり、早朝から営業しているお店を検索。いつ行っても朝ごはんメニューが食べられるというお店を発見しました。

駅から近く素敵なお店だったので、ご紹介していきますね◎

Breakfast Storyの場所

f:id:thithithai:20200216213746j:plain

Breakfast Storyはスクンビット・ソイ33/1にある小さなお店です。1階は夜のみ営業のバーになっている事や、このソイ一帯がどちらかというと夜間に営業するバーや飲食店が多い事から見落としがちなお店かもしれません。

日本食材を扱うフジスーパーの1号店や60バーツショップのワッツなどがある通りで、らーめん亭の角をまがってすぐのところです。ヴィラ・マーケット横の路地からもアクセス可能。

最寄りのBTS駅プロンポン駅からは徒歩約5分程度と至近なので、朝活で眠い目をこすりながらでも余裕でたどり着けます◎笑

Breakfast Storyのメニュー

f:id:thithithai:20200216213845j:plain

ネットで他の方々が紹介しているブログ記事などを読むと、フレンチトーストがおいしくておすすめなんだとか。

残念ながらフレンチトーストが苦手な私はパンケーキにしました。

価格は250バーツ位だったかな?(忘れた)高い朝ごはんだわーと思いながら注文しましたがやってきたパンケーキの豪華さに驚き!朝ごはんにしては値段が高いですが、このボリュームなら納得の価格です。

そして友人も同じものを注文。こういうのって普通は別々のもの頼んで半分こするのが女子なんじゃないの?と言いながら同じものをそれぞれ美味しくいただきました。笑

隣のお客さんが食べてるサンドイッチも美味しそうだったなあ。 

f:id:thithithai:20200216214227j:plain

ホットコーヒーを注文した場合はおかわり自由です。あとこちらの隣にウォーターサーバーもあり、お水も自由に飲めました。

Breakfast Storyの店内

f:id:thithithai:20200216213916j:plain

店内はこぢんまりとしていて、4~6人がけのテーブルが3つに2人掛けの小さめのテーブルが2つだったかな。小さなスペースにギュッと収められています。

階段を上がってすぐのカウンターで注文し料金は前払いなので、お店を出入りする人と注文をする人で階段前がごちゃっとなるのが少しストレスでした。笑

しかし店内はレトロアメリカン調で可愛らしい内装でまとめられており、人の家で優雅に朝ごはんを食べているような錯覚に陥り座ってしまえばテーブル間のぎゅうぎゅう感も気にならず不思議と落ち着く空間でした。

f:id:thithithai:20200216213955j:plain

私の席の横にはゴリラちゃんが座っていましたよ◎

プロンポンという立地的に、お客さんのほとんどは日本人なのかなと思っていたのですが、意外と欧米系の家族連れのお客さんが多かったように思います。

また、朝ごはんメニューは午前中のみ提供するカフェやレストランが多い中、Breakfast Storyでは夜の23時まで朝ごはんメニューを提供しています。

休みの日ってカフェで朝ごはんしたいけどもう昼だなーどうしようかなーなんて日が結構あると思うので、そんなお寝坊さんにも嬉しいカフェではないでしょうか◎

Breakfast Storyの基本情報

 

www.google.co.jp

住所:593, 27 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ

電話番号:(02)2581461

営業時間:7:00~23:00

HP: http://www.breakfaststorybkk.com

写真素材のピクスタ