日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

【最新】タイ国内のコロナウイルス情報まとめ

連日テレビで報道されるコロナウイルスの問題。

日本と同じくタイでも海外旅行や観光地への訪問の自粛を呼びかける動きが出ています。

季節は春休みシーズンへ突入し、コロナウイルスは心配だけれどもタイ旅行を既に企画し実行しようとしている方もいれば、お仕事でやむを得ずタイに来なければならない方もいらっしゃるかと思います。

今日はそんな方々の不安が少しでもなくなればと思い、タイ国内でのコロナウイルスに関する情報をまとめます。

タイ保険省からの発表

2月24日にタイ保険省からコロナウイルスに関する新しい発表がありました。

今回の発表は「海外からタイへ帰国した人」に向けたもので、現在日本からの渡航者へ観光等の行動を制限する指示はありません。

以下保健省からの発表

タイ保健省からのコロナウイルスに関する発表
新型コロナウイルスCOVID-19感染拡大の報告がある国(日本を含む)から帰国する者に対する タイ国保健省疾病管理局からのアドバイス:

タイ国には日本からの渡航客を隔離拘束する方針はありません。


日本からの渡航者で37.5度以上の発熱が発覚し、呼吸器系に症状のある場合は別室にて再検査を受け、その際にまだ発熱が有れば医療機関での診察と治療を受けることになります。
発熱が無い場合には帰宅できますが、14日間経過を観察するよう係官が指示します。
帰宅後14日以内に発熱やその他の症状が出た場合には即座に医師の診断を受けるか疾病管理局のホットライン1422に連絡を取り、海外旅行(つまりタイ入国以前)の履歴を知らせて下さい。


なお、ダイヤモンドプリンセス号などのクルーズ船に乗船の履歴がある方は疾病局の指定するクルーズ船客に特化した対策に従う必要があります。


2020年2月25日発表

以上がタイ保健省の発表です。

要するに、到着時「37.5度の熱がない事」と「呼吸器系に咳などの症状がない事」がポイントのようです。

熱がない場合は帰宅できますが14日間は自己観察期間となりますので、症状が悪化した場合はすぐに病院へ行きましょう。

 

在タイ日本大使館からのお知らせ

在タイ日本大使館からも23日の時点でお知らせが更新されています。

2月23日、タイ保健省は、新型コロナウィルス(COVID-19)に関し、中国、香港、マカオ、台湾、日本、シンガポール及び韓国といった感染例が多く見られる地域からタイへ入国した場合、少なくとも14日間は自己観察することにより、社会に責任を持って、以下の行動をするようにとの協力を呼びかけています。

 

  • 人混みには行かないこと。
  • 公共交通機関の利用を避けること。
  • 他人と物品を共有しないこと。
  • 症状の有無に関わらず、毎日検温すること。
  • 疑わしい症状が見られる場合にはマスクをつけること。
  • 症状が悪化した場合には、すぐに医療機関にかかり渡航歴を報告すること。または保健省に相談すること。

 

一部報道で、中国や日本等の地域に滞在していた方は、タイに帰国後14日間の自宅待機をするようタイ保健省が求めている旨報じられていますが、事実関係は上記のとおりであり、またあくまで協力を呼びかけているものです。

また、出社や観光を一律に制限するものでもありません。

 

つきましては、タイに滞在中の方、またこれからタイへの渡航等をお考えの方は、新型コロナウィルスに関する外務省海外安全ホームページ、在タイ日本国大使館ホームページやタイ保健省ホームページ等をチェックするなど、最新情報の収集に努めてください。

また、インフルエンザが流行する季節でもあり、空港や人混みの多い施設を利用される際はマスクの着用や手指等のアルコール消毒をお奨めします。さらに、外出後は必ずうがい・手洗いを励行するなど予防に努めてください。

こちらも同じように該当国からタイへ戻ってきた場合は14日間の経過観察をする必要があると言っています。

しかし、両方とも「あくまで自己観察」ですので、該当国へ渡航した場合に隔離などをされるわけではありません。

タイ国内のコロナウイルス情報に役立つリンク集

状況は常に変化しているので、この記事はあくまで2月26日現在の情報と思って頂けると幸いです。

また新しい情報が入り次第アップデートしますが、最新の情報については下記リンクが役に立つと思います。

在タイ日本大使館

https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【日本の外務省ホームページ】

https://www.anzen.mofa.go.jp/

※各国の最新情報が確認できるので、タイ以外でも活用できます。

【タイ保健省のニュース】

https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/news.php

※英語のみです

バンコク市内のマスクの販売状況

今回ご紹介した内容には、感染拡大防止の為にマスクをしましょうと記載がありましたので、最後にマスクの販売状況を知っている範囲でご紹介。

バンコク市内及び私の生活範囲(中心から電車で20分くらいのローカルエリア)に限定すると品薄ではありますが選ばなければ手に入るというのが現状です。

例えば、本当はお徳用の白いマスクが欲しいのにやたらと高い真っ黒のマスク以外売り切れとかそんな感じです。

オフィス街のコンビニやドラッグストアはいつ見ても品切れ状態が続いているので、マスクが手に入らなくてヤバイ!と思ったら一か八かローカル色の強いエリアのコンビニやドラッグストアへ行ってみるのはありかもしれません。

更にタイではここぞとばかりにマスクを売る露天商が増えたので、マスクを忘れてしまった時や、思いがけず汚れてしまった時は1枚10バーツくらいのマスクを露店で購入しています。(衛生的に不安はある。)

まとめ

今日はいつもと趣向を変えて、真面目にコロナウイルスの情報をまとめてみたのですが、そのきっかけは日本の友人から「タイやばいんでしょ?!大丈夫?」という連絡があったからです。

感染者数や状況は恐らく日本やシンガポールとそこまで大差ないと思うのですが、海外の情報ってよくわからない間に大きくなって耳に入ってきたりしますよね。

なので、現地に住んでいる目線から正しい情報を伝えられればと思い書いてみました。まあ、私発信の情報は最後のマスクぐらいですけどね!笑

 

 

写真素材のピクスタ