日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

バンコクで絶品小籠包が食べられるお店「永和豆漿(Yong He Dou Jiang)」へ行ってきた

今日は用事で友人の職場の近くまで行ったので、バンコクで一番おいしいと言われる小籠包を食べてきました。

評判通りとっても美味しかったので、ご紹介しますね!

永和豆漿(Yong He Dou Jiang)の場所

永和豆奬は、BTSチョンノンシー駅から徒歩約4分の場所にある中華料理店です。

バンコクで一番高いビル「マハナコンタワー」側の階段を下りてメイン通りをサラデーン駅方向に歩くとすぐに見えてくるので、初めての方でも迷うことなく見つけることが出来るでしょう。

この辺りは中華料理店が多いのですが、一際お客さんが多く目立っているので間違える事もなさそうです。

永和豆漿(Yong He Dou Jiang)のメニュー

f:id:thithithai:20200227125812j:plain

毎度の事ながらメニューの写真は撮り忘れましたが、小籠包だけでなく炒め物や麺類、ご飯ものなど一般的な中華料理はある程度揃っているような印象でした。

私たちは小籠包、焼き餃子、空心菜の炒め物をオーダー。

小籠包は8個で250バーツくらいだったかな?大衆的な見た目の割に値段は結構良い値段取るんだなというのが率直な感想でしたが、食べてみて納得!

たっぷりのスープがジュワーッと口の中に広がり、餡もぎっしり詰まっていてボリュームもあり。

2人で8個入りは一瞬でペロリと平らげてしまいました。

f:id:thithithai:20200227124528j:plain

空心菜の炒め物はニンニクの風味が豊かで、茎のシャキシャキ感も残る良い感じの炒め具合でした。

f:id:thithithai:20200227130916j:plain

最後にやってきた焼き餃子も美味しかったです。弾力のある餡にすこし八角のような風味がしたような?気のせいかもしれませんが「アジアの味がする」と言うと、友人も納得していました。笑

餃子に空心菜に小籠包、どれも美味しくてめっちゃくちゃビールが飲みたくなりましたが勤務中ですので我慢しました。(当たり前)

永和豆漿(Yong He Dou Jiang)の店内

f:id:thithithai:20200227132023j:plain

店内は歴史ある大衆中華料理店といった雰囲気ですが、清潔感もあり一人でも入りやすそうな印象でした。

私たちがお店を訪れた12時ごろは、やはりランチタイムという事もありたくさんのお客さんですぐに満席になってしまいました。

地元の方だけでなくサラリーマン風の日本人や欧米系の観光客の姿もありました。

うろ覚えですが、店内にはテーブルは4人掛けが3,4つに2人掛けが1つ、6人ぐらい座れるテーブルがひとつだったかな?

あまり大きなお店ではありませんが、2階席もあるようです。

 

永和豆漿(Yong He Dou Jiang)の基本情報

 

www.google.co.jp

住所:68 Narathiwatratchanakharin Rd., Silom, Bangrak, Bangkok 10500

電話番号:(02)6350003

営業時間:11:00~22:00

HP:http://sukanyayonghe.com

永和豆漿(Yong He Dou Jiang)まとめ

今回は永和豆奬をご紹介しました。

今までバンコクで小籠包を食べるとなると鼎泰豊の一択だったのですが、こんなに美味しいお店があるなんて感動でした。

地元の方だけでなく外国人にもよく知られているお店なので、バンコク歴が長い人なら知っている人は多いようです。

スクンビット界隈に住んでいるとあまりシーロム線方面に行く機会が少ないのですが、観光スポットのマハナコンタワーもありますので、観光ついでに足を運んでみてはいかがでしょうか。

写真素材のピクスタ