日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

バンコクで病院へ行く前に知っておきたいこと--タイの病院で活用できる保険について--

海外で病院にかかる際、気になるのは費用の事。

日本では国民健康保険があるので、医療費について気にする人はあまりいないと思いますが、国が違えばシステムも違います。

そこで今回は病院へかかる前にチェックしておき医療費や保険についてまとめてみました。

タイの社会保険制度について

f:id:thithithai:20200308173500j:plain

タイの企業で働いている方は外国人でも加入が義務付けられているのが、タイの社会保険です。

タイの社会保険の仕組みを大まかに説明するとこんな感じ。

  • 自分が登録した病院でのみ医療費無料で治療や診察が受けられる
  • 保険料は給与額の5%で、上限は750バーツ
  • 登録できる病院は公立病院または一部の私立病院
  • 歯科治療費や出産補助金制度もあり、上手く使えば得

日本の保険のようにどこの病院でもOKというわけでなく、社会保険を利用できるのは保険加入時に自身が登録した1つの病院のみです。

また、登録可能な病院の中に日本人御用達のサミティベートやバンコク病院のような私立病院は含まれていないので、基本的にタイ語で意思疎通ができる方でないと利用のハードルが高いでしょう。

あまり使い勝手がよくないことから、活用している日本人は少ないかと思われます。しかし、薬も無料になるので、ある程度症状のわかっている簡単な風邪や怪我の際は活用してみるのも良いかもしれません。

自分が加入しているグループ保険でチェックすること

上記のように社会保険をうまく活用していない日本人が多いのですが、では一体タイの日本人はどのような方法で病院にかかっているのでしょうか。

結論から言うと、タイで働く外国人の多くが会社負担のグループ保険を活用して通訳のいる病院へ通っているのです。

駐在員の方であれば日本の海外滞在用の保険の場合もありますが、現地採用の方は入社時(または試用期間終了後)に加入し、手続きが完了した際に保険カードを受け取る事になるでしょう。

保険カードを受け取った際、病気になって慌てる前に以下の事をチェックしておきましょう。

1.対応してくれる病院に行きたい病院の名前があるか

保険の加入時には自分が加入した保険についての資料が貰えると思います。資料の中には保険対応可能な主要病院のリストがありますので、まずは近所の病院が対象病院に入っているかをチェックしておきましょう。

ちなみに日本人御用達のサミティベートやバンコク病院などが対応不可になっているケースは恐らく無いと思いますので、そこまで必死にチェックしなくても大丈夫です。

2.1回あたりの医療費負担上限

保険契約時にプランについての説明はあるかと思いますが、いざ治療を受けるとなった際に細かい内容なんて忘れ去っているものですよね。

1回あたりの医療費負担額については保険カードに記入されているので、忘れてしまっても簡単にチェックが出来ます。

f:id:thithithai:20200308170105j:plain

わかりにくくてすいません。

治療時は受付の人にこのカードを見せておけば、保険の範囲内の金額で収まるよう治療してくれる場合がほとんどです。

3.保険負担対象外または建て替え精算の場合

同じ保険会社でもプランによっては保険負担対象外の治療や、建て替え精算が必要となる治療内容があります。

私の保険の場合は歯科治療が建て替え精算で、年間の上限金額があるのですが、こちらもカードを見れば一目瞭然です。

保険負担対象外の治療については、加入時に貰えるパンフレットに詳しく記載してあるので、失くさないように大切に保管しておきましょう。

旅行者が活用できる保険について

在住者の保険についてはなんとなくわかったと思いますが、タイでの旅行中に病院にかかる事になった場合に利用できる保険もあります。

1.クレジットカード付帯の保険

仮に旅行時に海外旅行保険に入っていなかったとしても、お持ちのクレジットカードにデフォルトで付いている海外旅行保険を活用することができます。

こちらは一旦クレジットカードで精算をした後に申請を行えば返金してくれるシステムなのですが、日本から離れて90日間を有効期限にしているカード会社が多いです。

長期滞在には不向きな保険ですが、タイだけでなく色々な国で活用できるためとても便利です。

2.日本の国民保険

日本で保険料を支払っている場合は日本に帰ってから申請をすれば、治療費の一部が返ってきます。

治療した日から2年の間なら申請可能なので、長期滞在者でも活用できそうですね。

申請には診断書と領収書が必要なので、忘れずに貰いましょう。

3.旅行会社や保険会社の海外保険

就労以外(留学やボランティア、旅行など)の長期滞在の場合は出国前に民間の海外保険に加入することをおすすめします。

会社によっては「駐在プラン」や「留学プラン」などの長期海外滞在者向けの保険商品を展開している場合があるので、調べてみると自分のニーズに合った保険が見つかるはずです。

まとめ

今回はバンコク滞在中に病気にかかった際に活用できる保険や、事前にチェックしておきたい事などをお話しました。

普段あまり病院に行かない方でも、環境の違いや疲れ、緊張感などで免疫力が下がって旅行中や来て早い段階は病気にかかりやすくなってしまう事があります。

自分や家族の身に何かあってから色々調べるのはとても大変な作業ですので、元気な時に少しずつ調べておくことをおすすめします。

 バンコクで日本語スタッフ常駐の病院はこちら↓

 

www.thithithai.info

 

 

 

写真素材のピクスタ