日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

【タイ駐在員必見】こんな上司は嫌われる!タイ人が嫌がる人5つの特徴

世間はコロナ一色で今日からバンコクの街も娯楽施設やデパートなど閉鎖するお店のカテゴリが増えてしまいました。

せっかくお家に引きこもるなら明日から使えるタイ人との接し方について勉強していきませんか?

今回はこの春から新しくタイへ赴任した駐在員さん向けに書いてみようと思います◎

 

この記事はこんな人向け!

  • 最近タイへ赴任してきたまたは近いうちにする予定
  • なんだかタイ人の部下に嫌われている気がする
  • 部下がすぐに辞めてしまう、定着しない

 

タイ人に嫌がられる人の5つの特徴

f:id:thithithai:20200322173946j:plain

それでは早速ですが、タイ人に嫌がられる人の5つの特徴はこちら。

  • トップダウンで指示をしてくる
  • みんなの前で大きな声で叱る
  • 時間に細かい
  • 日本式を押し付けてくる
  • 笑わない、挨拶しない、日本人とばかりつるむ

え、そんなことで嫌われる?ってところで嫌われたりするので、文化の違いですよね~。

まあ上の項目だけで内容見なくても大体わかると思うんですが、ドキッとした方は詳細も読んでみてください。

トップダウンで指示をしてくる人

トップダウンで指示をするとは、上から目線で命令してくる人です。

これは日本でも嫌われると思いますが、なんだか日本人ってタイ人の事を見下している方が多いというか、タイに赴任していきなり役職がついて勘違いしちゃう人が多いというか、急にマネージャーになっちゃったもんだから人の使い方をわかっていない方が一定数いらっしゃるというか…。

タイではまだ〇〇ハラスメント的なものは無い無法地帯なので、トップダウンのワンマン経営だろうとパワハラで訴えられたりすることはまずありませんが、相手に指示通り動いてもらうには、まず同じ目線に立って話す必要があります。

・みんなの前で大きな声で叱る人

タイでは子供をあまり叱らずに育てる文化がある為、若い方だけでなく結構良い年の大人でも叱られ慣れていない方が多いです。そのような背景からプライドの高い人が多く、皆の前で叱られたり批判されたりすることを嫌います。

日本の部下や同僚へ、期待しているからこその叱咤激励をされていたような方は、タイではその方法はあまり通用しないと考えていた方が無難ですよ。

・時間に細かい人

「タイの人は時間にルーズだ」という話をどこかで聞いたり、体感したことのある方は少ない無いと思います。

小さなころから5分前行動を刷り込まれてきた日本人にとっては、この時間に対するルーズさは小さなストレスですよね。

しかし、タイの方々は皆そんな細かい事は気にしていません。

今まで時間に対して咎められずに生きてきたタイの人々に、急に「時間を守れ!」「始業時間の15分前には出社しろ!」などと言っても、細かい事をイチイチ言ってくるうるさいやつとしか思われません。

ですので、時間の感覚についてはあきらめた方が無難です。

日本人のお客さんとの会食や打ち合わせなど、遅れるとまずい案件にについては予定時刻の30分前を伝えておくなど事前に対策を打つしかありません。

・日本式を押し付けてくる人

タイ人の多くは「日本ではこうだから!」という日本式を押し付けてくる人を嫌います。

なぜならここはタイだから!

多くの日本人からは「タイではあるけれど日系企業で働いているのだから、日本のやり方に合わせるべきだ」というご意見も伺います。

それはごもっともな意見ですが、それ以前に我々はタイという国で働かせてもらっている外国人であるという考えは頭の片隅に置いておく必要があります。

タイの方々も、頑なに日本のやり方を受け入れたくないわけではありません。

全てを否定して日本のやり方、今までと全く違う方法を押し付けてくるやり方が気に食わないだけなのです。

タイ式の仕事の進め方を把握した上で、「日本ではこうだから!」と押し付けるのでなく、「こうしてみたらもっと効率がいいんじゃない?」と自分の都合の良い方向に促していくのが賢いやり方ですよ。

・笑わない、挨拶しない、日本人とばかりつるむ

「笑わない」、「挨拶しない」は日本人にも嫌われますが、何を言いたいのかと言いますと、タイ人との壁を作る日本人はコミュニケーションが取りづらく、苦手意識を持たれやすいという事です。

赴任したての頃は言葉の通じない相手とどうやってコミュニケーションを取ったらいいのかわからず、自然と同僚の日本人とばかり話したりしてしまうのも無理はありません。

だからこそ、いつも笑顔で挨拶することを心がけるのが最善です。

そして可能であれば半月に1度や1月に1度はオフィスのタイ人スタッフに交じってランチへ出かけてみてください。

言葉が通じなくても歩み寄ろうという意思が伝わればタイ人は皆優しくしてますし、右も左もわからないタイ赴任生活を手助けしてくれるようになりますよ。

まとめ

今日はタイ人が嫌がる人の特徴をまとめてご紹介しました。

嫌われないように気を遣いながら働いていてはあなたが本社から期待されているパフォーマンスを十分に発揮できない可能性がありますので、気にしすぎるのも良くないですが、助けてもらわなければならない部下や同僚から嫌われてしまうと効率よく仕事をこなせないという不具合も生じてきます。

国籍は違うし、言葉は上手く通じないかもしれませんが、まずは同じ会社の同じ部署で働く仲間として受け入れる心を持つところから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら

 

www.thithithai.info

 

 

写真素材のピクスタ