日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

ミャンマー基本情報◎ビザ・行き方・ベストシーズンなどまとめ

コロナウイルスの影響で気軽にお出かけが出来なくなってしまいましたね。

気軽に旅行に行けなくなってしまった今、なぜかものすごくミャンマーに行きたくてウズウズしているので、次回行くときの為に今日から数日に分けて前回のミャンマーヤンゴン)旅行についてまとめて行こうと思います。

まず今日は基本情報についてです!

ミャンマーへの行き方・所要時間・時差

f:id:thithithai:20200322191355j:plain

まずはミャンマーへの行き方です。私はバンコクから行きましたが、日本からの行き方も調べてみました。

・日本から行く場合

日本からミャンマーへ行く場合は、成田空港からヤンゴン国際空港行きのANAの直行便があるようです。

所要時間はおよそ8時間。

その他の都市へ行く場合は、ヤンゴン国際空港で経由するか、東南アジアの別の国で経由する事となります。

日本とミャンマーとの時差は2.5時間。ミャンマーについたらお手元の時計を2.5時間戻してください。

バンコクから行く場合

バンコクからミャンマーへ行く場合は、スワンナプーム空港、ドンムアン空港いずれの空港からも一日5本以上は直行便が飛んでいます。

(3月22日現在、航空会社の運休が多く正式な数が調べられませんでした…)

所要時間はおよそ1.5時間。

バンコクからはヤンゴン以外にマンダレーへの直行便もあり、所要時間はおよそ1時間45分となっております。

タイとミャンマーの時差は30分、近いのであんまり変わりませんね!

・ビザは必要?入国条件について

日本のパスポートを持つ人は、ミャンマーに入国する際はビザが必要になるのですが、現在期間限定でビザなしでの渡航が可能になっております。

期限は2020年の9月末まで。本当は2019年の9月までだったのが1年延びたので、また今年も伸びないかなあと期待しています。

ビザなしの外国人が滞在する事の出来る期間は最大30日で、訪れる事のできる都市も限られています。

航空券を取るなら、楽天ポイントが貯まる「楽天トラベル」がおすすめです◎

ミャンマーのベストシーズン

f:id:thithithai:20200322191323j:plain

次にミャンマーのベストシーズンについてご紹介します。前回私は8月に訪れ、滞在期間中毎日豪雨に見舞われるという残念な結果でしたので、やはり旅行はベストシーズンに行きたいなと実感しました!

ミャンマーのベストシーズンは雨の少ない乾季(10月下旬~2月)

ミャンマーのベストシーズンは乾季にあたる10月下旬~2月頃と言われています。

乾季は雨が少なく、気温も少し低いので街歩きや観光をしやすい時期と言えるでしょう。

・航空券が安くなるのは観光客の少ない雨季(5月下旬~10月中旬)

ミャンマーの雨季はタイよりもジメジメシトシトと降り続ける雨の日が多く、自然と観光客の減るタイミングになります。

旅費を抑えて節約旅をするなら雨季にあたる5月下旬ごろ~10月中旬ごろが航空券もホテル代も安くなる傾向にあるのですおすすめです。

ちなみに私が行った8月は1年で一番降水量の多い時期だったようです。笑

ミャンマーのお金

f:id:thithithai:20200322191915j:plain

行く前に押さえておくべき基本情報は、あとはお金の事くらいでしょうか。

・お金の種類

現在ミャンマーで使われているお金の単位はチャット(Kyat)で一般的には紙幣のみ流通しています。

紙幣の種類は50、100、200、500、1,000、5,000、10,000チャット。

以前は硬貨や45K札も流通していたようですが、今では姿を消しており50K未満は切り捨てまたは切り上げとなります。

1,000K=約75円、約22バーツとなりますので、数字の感覚に慣れるまで少し時間がかかります。

・両替はどこで出来る?

ミャンマーへ行く前に多くのインターネットサイトでは日本円は両替不可の為、日本で日本円から米ドルに両替してから現地でチャットへ両替するという風に書いてありました。

私は日本円もバーツも持っていたので日本円が両替できなければ最悪バーツならいけるでしょ楽観的に考えていました。(米ドルに両替するのが面倒だっただけ。)

結論としてはビザの緩和で日本人観光客が増えたという背景があるからか、空港なら日本円でも問題なく両替できました。

街中でも両替できるところはたくさんありましたが、全てで日本円に対応しているのかどうかは不明。

※スーレー・シャングリラホテル裏のホワイトベイ両替所では日本円の両替可能。

・クレジットカードは使えるの?

ホテルや観光客の多いレストランではクレジットが使えるお店が多いですが、市場やちょっとローカルなお店では基本的には現金オンリーとなります。

クレジットはあてにせず、現金を使うつもりで多めに両替しておいた方が安心かと思います。

ミャンマー基本情報まとめ

今日はミャンマーの基本情報をまとめてみました。

8月にミャンマーを訪れてから半年以上経過している為、色々調べながら書き進めていると余計に行きたくてたまりません!

明日はヤンゴンのおすすめ観光スポットをまとめようと思います。

写真素材のピクスタ