日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

3倍速で願いが叶う?ピンクのガネーシャ(ワット・サマン)の行き方・見どころ徹底ガイド!

バンコク近郊の人気の観光地、ピンクのガネーシャ

写真映えするその見た目からSNS上で人気に火が付き、現在はタイを代表する観光地のひとつとなりました。

なんとこのピンクのガネーシャ、見た目のインパクトもさることながら、通常の三倍速で願いを叶えてくれるという素晴らしいご利益があるとのこと。

今回はそんなピンクのガネーシャについてご紹介していきます。

ピンクのガネーシャ(ワットサマン)とは

ピンクのガネーシャバンコク郊外のチャチュンサオ県にあるお寺「ワットサマン(正式名称:ワット・サマン・ラッタナーラーム)」に祀られているピンク色の巨大なガネーシャ像です。

ワットサマン自体は古くからある歴史あるお寺なのですが、ピンクのガネーシャプミポン前国王の83歳のお誕生日を記念して2011年に造られたものですので、比較的新しいものなのだそうです。

このピンクのガネーシャにお祈りをすれば、願い事を3倍速で叶えてくれるという評判が広まり、現在ではタイを代表するパワースポットの一つとなりました。

観光客だけでなく地元のタイ人からの信仰も厚く、商売繁盛祈願や金運アップなど、様々なお願いをする多くのタイ人で毎日賑わっています。

ピンクのガネーシャ(ワットサマン)の行き方

ピンクのガネーシャがあるワットサマンは、バンコクから車で1時間半程のチャチュンサオ県に位置しています。

鉄道で行くことも可能なのですが、下記の3つの方法で訪れるのが一般的かと思います。

  • ロットゥー(ミニバス)
  • タクシー(Grab)
  • 現地ツアー

それではそれぞれの詳細について詳しく説明していきますね。

ロットゥー(ミニバス)

f:id:thithithai:20200401231006j:plain

ロットゥーを利用する場合は、BTSエカマイ駅近くのバンコク東バスターミナルからチャチュンサオバスターミナル駅行きのものに乗りましょう。

チケットの窓口は18番。カタカナで「ピンクガネーシャ」と書かれた窓口があるのでわかりやすいです。

運賃は片道99バーツ、所要時間はおよそ1.5時間です。

そこからソンテウに乗り換えて約30分で到着します。(ソンテウの料金は30バーツ)

ワットサマンへ行くソンテウはバスターミナルの一番奥で待機していて、大きな看板が添えてあるのですぐに発見できると思います◎

ロットゥーもソンテウも満員にならなければ出発しないので、タイミングが悪いと出発待ちで結構な時間をロスします。

私が利用した時は、行きはかなりスムーズだったのですが、帰りのロットゥーで2時間待ちとなり、かなり時間をロスしました。

時間に余裕があり、移動コストを節約した方にはお勧めの方法です。

バンコク東バスターミナルの地図はこちら↓

タクシー(Grab)

時間を有効に活用したい方はタクシー(Grab)がおすすめです。

バンコクの中心地からワットサマンまではおよそ1.5時間、メーター利用の場合は高速ぢ込みで片道1,000バーツ弱となります。

寺院周辺は流しのタクシーが少なく、Grabもつかまりにくい可能性が高いです。行きのタクシーで帰りも送ってもらえるよう交渉する事をおすすめします。

料金は、待機時間・往復料金・ガソリン代などを考慮して2,500~3,000バーツ位が目安かと思います。

3,4名の複数で訪れる場合ならタクシーでも比較的低価格ですね。

現地ツアー

ローカルのバスターミナルの利用やタクシー運転手との価格交渉が不安な方は、現地ツアーの利用をおすすめします。

ピンクのガネーシャのツアーは周辺観光地も巡れて比較的リーズナブルなものがありますし、日本からでも予約可能。

ベルトラなら複数の現地ツアーを比較できるので便利です。

゜:*★タイのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

私は一人だと自力で行くことが多いのですが、日本から友人が来た時なんかは快適に旅行してほしいという想いからよく利用しています。

ピンクのガネーシャ(ワットサマン)の見どころ

f:id:thithithai:20200401231105j:plain

ピンクのガネーシャの見どころはもちろんピンクの巨大なガネーシャ像です。

こちらのガネーシャ像、横幅16メートルで、高さは22メートルあり、なんと5階建てのビルに相当する高さなんだとか!

屋外に祀られているので、天気のいい日だと青い空にピンク色のガネーシャ像が映えて、コントラストも素晴らしいでしょうね。

参拝方法がすこし変わっていますので、詳細は後で説明します。

周辺は巨大な銅像や、近くに中国寺があったりとなかなかB級感漂うエリアで、ローカル屋台でのお食事も可能。

バンコク市内の観光スポットとは違う雰囲気も楽しめるのが面白いです。

参拝時の注意点

ピンクのガネーシャを参拝する際に服装等の縛りは設けられておりません。

しかし、地元の方々の大切な信仰の場ですので、服装など最低限のマナーには気を付けましょう。

<タイのお寺でNGな服装>

  • キャミソールや胸元の開いた露出度の高いトップス
  • ミニスカート、ホットパンツ、膝が見える丈のボトムス
  • スキニーやレギンスなど身体のラインが強調される服
  • 激しいダメージ加工の入ったボトムス

観光客の中には露出度の激しい服装の方々もいらっしゃいますし、制限されてないので、お寺の方から咎められることも無いでしょう。

しかし、熱心にお参りに来ている方々はもしかすると不快感を抱いているかもしれません。地元の方々への配慮を忘れずに観光を楽しんで頂けると幸いです。

ピンクのガネーシャ(ワットサマン)の参拝方法を解説

f:id:thithithai:20200401231731j:plain

それでは、ピンクのガネーシャの参拝方法について解説していきますね。

タイでは曜日ごとに仏像や、縁起の良い色、方角が決まっており、自分の生まれた曜日に縁のある色のものを身に付けたり、自分の曜日の仏像にお祈りをしたりするのが一般的。日本でメジャーな星占いや血液型占いも、タイでは曜日占いがある程です。

ピンクのガネーシャへの参拝方法もこの自分の曜日が深く関係しているので、まずは参拝前に自分の生まれた曜日と、その曜日の色をチェックしておきましょう。

自分の生まれた曜日を調べよう

インターネットで検索すれば、生まれた曜日を計算できるサイトがたくさん出てきます。曜日ごとの性格や特徴をまとめてくれているサイトもあり、占い感覚で見ると面白いですよ。

私は曜日を調べるにあたり、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。 

参考サイト: https://amazing-bangkok.com/learn/day-color/#i-5

参拝手順

f:id:thithithai:20200401230215j:plain

自分の曜日と色がわかったら、さっそく参拝です。ピンクのガネーシャへお願い事をする場合、直接願うのではなく、周りにいる使いのネズミにお願い事を伝える事になっています。

使いのネズミの像はガネーシャを取り囲むように8体いますので、自分の曜日の色をしたネズミを探しましょう。

自分の曜日のネズミを見つけたら、以下の手順で参拝します。

  1. 靴を脱いでネズミの前の踏み台に上がる
  2. ネズミに耳打ちするように願い事を伝える
  3. その際願い事が漏れないよう、耳打ちする反対側の耳を手で塞ぎます
  4. 参拝のお礼、住所と名前の申告も忘れずに!

以上で参拝は完了です。

ちなみに写真のネズミは「金色」で、金運にご利益のあるネズミです。欲張りなので自分の曜日のネズミと金色のネズミ、両方にお願いしておきました。

願い事を聞いた使いのネズミ達はガネーシャにあなたの願い事を届けてくれますよ◎

ピンクのガネーシャ(ワットサマン)の基本情報

住所:Thanon O Bo To Chachoengsao 2012, Kon Kaeo, Mueang Chachoengsao District, Chachoengsao 24000 タイ

電話番号:+66 81 983 0400

営業時間:8:00~20:00

入場料: 無料

ピンクのガネーシャ(ワットサマン)まとめ

f:id:thithithai:20200401231843j:plain

今回はピンクのガネーシャについてご紹介しました。

書いてると遠出したくなるなあ。次回日本から友達が来てくれたらまた連れて行きたいなあ。など色々妄想が膨らみます。

今その時の為に色々まとめて資料として置いておけるようにこれからも需要無くても旅行記事を小出しにしていきます◎

写真素材のピクスタ