日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

【LINE MANでデリバリー初体験】プロンポンの焼肉屋「肉匠」のコスパ抜群の焼肉弁当!

今日は初めてLINE MANを使ってデリバリーをしてみたお話です。

プロンポンの焼肉屋「肉匠」さんの焼肉弁当がコスパ抜群だったので、ドキドキしながらオーダーしました。

よく利用しているFOOD PANDAとの違いなども含めてお話していきますね!

LINE MANで肉匠を検索する

f:id:thithithai:20200406225412p:plain

LINE MANのアプリをダウンロード後、左上のフードデリバリーをタップ。

検索欄に食べたいもののワードやお店の名前を入力すれば関連するお店が表示されます。

お店によっては関連ワードを入れても出てこない場合があるようなので、利用したいお店が決まっている場合は店名を入力したり、お店のQRコードを読み取った方が確実なようです。

今回はとにかくスタミナのつくおいしい牛肉が食べたかったので、ローマ字で「NIKU」と検索しました。笑

すると一番上に出てきたのが「肉匠」。色々な方のSNSでも紹介されていて気になっていたので、即決しました。

食べたいメニューを決めて、カートに入れ、お支払方法の選択と配達場所を指定すれば注文完了です。

ドライバーが決定すると、ドライバーの連絡先や顔写真も出てくるので安心です。

私の住所入力が甘く、ドライバーさんから「コンドミニアムの名前を教えて」って電話がかかってきたので少し焦りましたが、正しく入力していれば恐らくこの確認電話は無いと思います。知らんけど。

LINEアカウントからのオーダーも可能です。下記画像はFacebookから拝借しました。

f:id:thithithai:20200406222815j:plain

配達希望時間も指定できるようなので、早めに予約しておいてお昼や夜の都合の良い時間帯に持ってきてもらうのもいいですね◎

肉匠のメニュー

f:id:thithithai:20200406224721j:plain

 肉匠のデリバリーメニューはお弁当を中心に、副菜や新鮮な生肉まで多岐に渡ります。

お弁当はどれもおいしそうなのですが、驚いたのはそのお値段。「塩タン弁当」や「鶏モモ弁当」はなんと99バーツなんです!

通常のお買い得メニューとは別に日替わりの99バーツ弁当もあるようなので、詳しくはFacebookをチェックしてみてください◎

私ははじめ99バーツの塩タン弁当を選んでいたのですが、ウドムスックの自宅までの配送料が120バーツとなっており弁当代より高い事が悔しく、250バーツの「和牛ハラミ弁当」に変更しました。

タイトルにも99バーツ弁当って書いてるのに、食べてないんかい。笑

届いたお弁当がこちら!ぱんぱかぱーん!

f:id:thithithai:20200406224004j:plain

お肉もたくさん入っていて、キムチやナムルの副菜もおいしそう!

ちょこんと入った野菜の為のドレッシングもちゃんと別添にしてくれている心遣いが素敵です◎

やはりプロンポンからウドムスックは距離があるので、ホカホカのまま食べる事は叶いませんでしたので、温め直してから頂きました。

やはりお店のお肉はスーパーで買ってお家で焼くお肉とは一味も二味も違い、タレも含めておいしくってペロッと平らげてしまいました!

肉匠の場所

f:id:thithithai:20200406224051j:plain

通常はイートインもできるので、お店の場所の説明もしておきますね。

肉匠はスクンビット・ソイ31にある焼肉店です。

最寄りのBTSプロンポン駅から奇数側の道をアソーク方向へ歩いて数分、ソイ31を少し進んだところにお店があります。

夜になると赤ちょうちんが一際目立つお店で、一軒家風の店内は居心地が良さそうなので一度行ってみたいと常々思っています。

近くには以前このブログでも紹介したAntonio'sというイタリアンレストランや美味しいチムチュムの食べられるイサーン料理屋さんなどがあり、飲食店で夜間賑わう通りです。

 

肉匠の基本情報

住所:12 Soi Sukhumvit 31, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ

電話番号:02 118 6336

営業時間:11:00~23:00(デリバリーのオーダー時間は10:00~18:30)

※コロナウィルスの影響で4月は20時までの営業です。

Facebookはこちら

まとめ

今回は肉匠のお弁当をLINE MANでデリバリーした話を書きました。

FOOD PANDAではプロンポンやトンロー周辺のご飯屋さんのデリバリーは全くヒットしないので今回LINE MANを利用してオーダーできるお店の幅が広がったことは単純に嬉しいです。

しかし遠いので仕方がない事なのですが、送料120バーツは結構キツイ。自力で往復した方が安上がりなので、気になるお店のお弁当は極力スクンビット界隈に用事がある時に持ち帰りをするようにした方が良いかなと感じました。

最近デリバリーという禁じ手を活用しすぎているので、来週の土日まで自炊生活に切り替えることにします。

写真素材のピクスタ