日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

旬のフルーツをジェラートで!「凛太郎ジェラテリア」でこだわりの詰まった美味しいジェラートをお持ち帰り!

今日は日本発の人気ジェラテリアのご紹介です。

現在はイートインスペースを閉鎖しておりお持ち帰りのみですが営業中との事で、My Foodの帰りに立ち寄ってみました。

相変わらず人気のお店だったのでご紹介していきますね!

凛太郎の場所

f:id:thithithai:20200413121526j:plain

凛太郎はBTSプラカノン駅近くの、複合施設「W DISTRICT」の中にあります。

BTSプラカノンから奇数側へ降りて、オンヌット方向に歩ていくと左手にロータリーがあり、セブンやスターバックスが見えます。

凛太郎はそのロータリーに面した一角にあります。

昼間よりも夜に営業をするお店が多いW DISTRICT内にあるので、昼間はそこにだけ人が賑わっておりわかりやすいです。

凛太郎のメニュー

凛太郎のジェラートの特徴は、

  • 旬なフルーツを使用したマンスリーメニュー
  • 砂糖不使用で優しい甘さのジェラート
  • 注文を受けてから焼き上げるサクサク軽いワッフルコーン

以上の3点かと思います。

f:id:thithithai:20200413115833j:plain

私は今回夕方に行ったため売り切れが多かったのですが、「カフェオレ&ベイクドチーズケーキ」と4月のおすすめである「カシスオレンジ」を選びました。

桜餅みるくも春らしくて良いなと思ったのですが、よく考えたら桜餅嫌いでした。笑

おすすめジェラートは毎月変わるので、何回リピートしても新しいメニューが登場しているのが飽きずに通ってしまう理由の一つです。

f:id:thithithai:20200413120257j:plain

コーンはメープルとカカオの2種類から選べます。今回は無難にメープルを選択。

いつもメープルにしてしまうんですが、ミルク系のジェラートならカカオとの相性も抜群かもしれません◎

ちなみにこちらのコーンはオーダーを受けてから焼き上げるので、お店の中はワッフルコーンの香ばしい香りが立ち込めています。

個人的にこのわっるるコーンがめっちゃ好きで、これをせんべいにして個包装で販売してほしいと念じております。

f:id:thithithai:20200413120624j:plain

受け取ったジェラートがこちらです。

カシスオレンジは酸味が強く、暑い時期にぴったり。カフェオレ&ベイクドチーズケーキはコーヒーに味が強く濃厚で、大人の味わいでした。

一緒に食べると酸味と甘みがマッチして奥深い味わいとなりました。

こだわりの詰まった凛太郎のジェラートは、2種類選べて120バーツ。

東京や千葉のお店で食べると500円位するそうなので、お手頃ですよね。

凛太郎の店内

現在は持ち帰りのみですが、通常は店内でのイートインも可能。

3席ほどしかなく、小ぢんまりとしたスペースですが、W DISTRICTの周辺にもベンチなどの座る所が点々とたくさんありますので、店内が込み合っていても安心です。

周辺は飲食店やバーが多いので、飲んだ後に〆ジェラートができるのもいいですよね!

凛太郎の基本情報

住所:1595/521 Sukhumvit Rd Sky Walk Condminium unit no.B04-01, Phra Khanong Nuea, Watthana, Bangkok 10110

電話番号:092 464 1644

営業時間:11:00~23:00(月曜定休日)

※現在は18時までの短縮営業となります。

HPはこちら

まとめ

今回は人気のジェラート店「凛太郎」をご紹介しました。

5月になったらまたおすすめメニューが変わるので、行かないと!と毎月思っているかもしれない。笑

今はついでにどこかで外食はできませんが、周辺の飲食店でお持ち帰りのオーダーをして、待ち時間にジェラートを食べるのも良いですね!

近くの日本食レストラン↓

 

www.thithithai.info

 

写真素材のピクスタ