日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

【LINE MANでデリバリー】予約必須の人気店トンローの焼き鳥屋「あぶり石田」で焼き鳥デリバリー!

ここ数週間でデリバリーという知恵がつき、中でもLINE MANの配達可能範囲は素晴らしいという事が判明しました。

そこで今回は、私が愛してやまない焼き鳥屋「あぶり石田」の焼き鳥をデリバリーする事にしました!

ストックが残り一本となってしまったビールも開けて、お家でひとり焼き鳥パーティー最高だったので、お話していきますね!

 

LINE MANで「あぶり石田」を検索する

f:id:thithithai:20200418233528j:plain

この日はとにかく焼き鳥が食べたくて、焼き鳥なら「あぶり石田」一択でしょう!となりましたので、「aburi」で検索しました。

するとちゃんと一番上に美味しそうな写真と一緒に出てきてくれました!

あぶり石田から私の家のあるウドムスック駅周辺まではデリバリー料113バーツとの事。自力で往復した方が安いのはわかってるけど、化粧して着替えてBTS乗ってお店まで歩いて…って考えるとやっぱり便利なデリバリーを活用しちゃいますよね。

ちなみにLINEや電話で直接注文も可能みたいですので、詳細は基本情報をご覧ください。

あぶり石田のメニュー

f:id:thithithai:20200418233548j:plain

f:id:thithithai:20200418233601j:plain

※メニューの写真はあぶり石田さんのFacebookからお借りしました。
LINE MANで注文できるメニューは、写真のメニューから一部省かれているようでしたが、串ものからおつまみ系、ごはんものまで色々ありました。

直接オーダーする場合は、写真のメニューのものは全てオーダーできるようで、その他にもメニューにないものも受け付けますとFacebookには書かれてありました。

f:id:thithithai:20200418233241j:plain

私は焼き鳥と豚肉巻きを数本と、焼きおにぎりをオーダーし、付属の薬味の量にちょっと笑いました。笑

あぶり石田の串の中で一番好きなのがフワッフワのつくねと、レアめで絶妙な焼き加減のとろける肝!

どちらもオーダーしたかったのですが、肝って冷めたらどうなんやろ?とちょっと不安になったので、肝はやめておきました。

f:id:thithithai:20200418233332j:plain

つくねはお皿に乗りきらなかったので、随分前の写真ですがお店で撮ったものを晒しておきます。

全部好きなものばかりオーダーして、占めて500バーツちょっとに送料入れて620バーツ!結構良い値段!!デリバリーのお弁当などに比べるとかなり高くついちゃいましたが、たまにはいいでしょう。

 お店で食べるなら、あとはレバパテとアヒージョ、オイル系パスタが個人的にはお気に入りです。

焼き鳥は焼き立てが一番美味しいのはもちろんですが、少し冷めてしまった状態でも十分美味しく、お酒の進む良いアテになりました。

はやくお店で食べたいなあ。

あぶり石田の場所

通常はイートインがメインのお店ですので、お店の場所の説明もしておきますね。

あぶり石田はスクンビット・ソイ51の中ほど、コンドミニアムの1階にあるお店です。

周辺はこれと言って特に何もない住宅街ですので、初めて行ったときはこんなところに?と驚きました。

最寄りのBTSトンロー駅からは歩いて10分程度で、ソイ49にもつながっているのでプロンポン方面からもアクセスしやすいです。

歩きでも問題ない距離感ですが、周辺は夜になるととても暗くなるので、帰りはタクシーを使った方が安心です。

あぶり石田は小ぢんまりとしたお店ですので、平日であっても飛び込みで入店するのは難しいかもしれません。

来店時は電話で空席確認と予約をする事をおすすめします。

 

あぶり石田の基本情報

住所:99 Klongtan, Nua, Watthana, Bangkok 10110 タイ

電話番号:062 779 2129/ 064 014 5162

営業時間:18:00~24:00

※コロナウィルスの影響で4月は21時までの短縮営業です。

LINE ID:aburi_ishida

Facebookはこちら

まとめ

今回はバンコクの人気焼き鳥店「あぶり石田」のデリバリー体験をお話しました。

少し冷めてしまっても十分美味しいあぶり石田の焼き鳥を久々に食べ、早くお店で食べたーい!と余計に思ってしまいました。

タイ国内のコロナウイルスは少し落ち着いてきて、このままだと5月からは少し規制が緩和されそうな雰囲気です。

もちろんそれで気を緩めてはいけませんが、お店で出来立てのお料理を楽しめる日が戻って来るまであと少しの辛抱。頑張りましょう!

 

写真素材のピクスタ