日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

【タイの雇用について】給与はいくらが妥当?タイ人社員の給与相場を職種別に解説してみました。

会社で新しい人材を雇う場合、タイでの相場がわからず悩んだ経験はありませんか?

中途採用の場合、社内の給与相場に合わせて給与設定をおこなうかと思いますが、それでは市場とマッチしておらず、いい人材を採用できないというケースも多くあります。

今回はタイ国内のタイ人社員の給与相場をまとめてみます!職種別に見出しにしているので、相場を知りたい職種にジャンプしてください!

 

タイ人の平均月収はいくら?

f:id:thithithai:20200423221857j:plain

気になるタイ人の平均月収ですが、全ての年齢と職業を平均すると3万バーツ前後と言われています。

人件費が安い安いと言われていますが、意外と貰ってるじゃんタイ人。という印象ですが、農業人口が多い背景もあり、圧倒的に多いのは給与1万バーツ前後の低所得者です。

バンコクの中だけで見ると、職種によっては日本よりも待遇の良いものもあり、物価の上昇と共に年々求められる給与額が上昇傾向にあります。

特にIT関係や外国語人材に関しては、20代でも50,000以上の給与をもらっている方も多いです。

バンコク最低賃金は330バーツ

一方で工場などで作業員などは最低賃金で働く方が多く、正社員の場合でも月給ではなく日給で給与を計算される場合も多いです。

2020年4月現在のバンコク最低賃金は330バーツで、日給で働く作業員の場合は、週休2日制の企業の場合で、基本給7,000バーツ前後。交通費や食事代などの手当てや、残業代などを含めて1万バーツ前後の手取りとなる場合が多いでしょう。

ちなみにタイ国内で最も最低賃金が高い県はチョンブリ県で、336バーツとなっております。

接客サービス業は平均月給10,000バーツが目安

スーパーやコンビニエンスストアのレジ打ちなど、接客サービス業では大体10,000バーツ位の月給で募集している所が多いです。

こちらも基本給+諸手当など込みの手取りの金額です。

職種・経験年数別に給与相場の平均を解説

f:id:thithithai:20200322173946j:plain

それでは、オフィスで働くスタッフの給与額はいくらぐらいが相場なのでしょうか。

今回は下記の6職種に大きく分類し、新卒・経験10年未満・経験10年以上の3つに分けてご紹介していきます。

  • 総務や人事などの事務職
  • 営業職
  • 経理
  • 日本語通訳
  • エンジニア
  • IT関連職

総務や人事などの事務職

<経験別給与相場>

新卒:1.5万~1.8万バーツ

経験10年未満:2.3万~3万バーツ

経験10年以上:年齢×1,000バーツ

一般的に内勤者と呼ばれ、卒業学部に関わらず供給の多い職種です。

新卒の場合は募集に対して応募者の多い職種ですので、人材集めには苦労しないでしょう。英語や日本語の能力を求める場合は相場+5,000バーツくらいの価格をイメージしていると良いでしょう。

インセンティブなどがない職種ですので給与が上がりにくく、数年サイクルで転職する方が多いです。

経験10年以上の方で給与額が高くても1社あたりの経験が少ないと給与相応の能力が無い方が多い感が否めません。経験者を雇う場合は1社あたりの勤続年数の長さも目安に選んだ方がベター。 

営業職

 <経験別給与相場>

新卒:1.7万~1.8万バーツ

経験10年未満:2.3万~3万バーツ

経験10年以上:年齢×1,000バーツ

タイ人はシャイで交渉が苦手な方が多く、営業職はあまり人気のない職種です。

新卒の場合は比較的安価に雇うことが出来ますが経験者となると特に必要な資格等が無い場合であっても内勤者に比べると給与額が高くなる傾向があります。

 

基本給ベースでは前述の内勤者と変わりませんが、営業成績に応じてインセンティブを付ける会社が多く、自社にインセンティブ制度が無い場合は上記の基本給+5,000~1万バーツくらいが相場となります。

その他にも営業時に自家用車を使う場合なら、自動車保険の加入やメンテナンス費用を求める人が多いです。

日本語や英語が必要な場合は+1万バーツくらいが目安ですが、営業で使える外国語レベルのある方はあまり営業をやりたがらない傾向にあり、人材探しは難航するでしょう。

経理

 <経験別給与相場>

新卒:1.6万~1.8万バーツ

経験10年未満:3万~4万バーツ

経験10年以上:4.5万バーツ~

タイで経理の仕事をする場合、大学で会計学部卒または会計の専門学校卒業でなければCPDライセンスが取得できません。

ですので、経験が長ければ長い程希少な人材となっていき、給与が高くなる傾向にあります。

 

経験10年以上でアシスタントマネージャーやマネージャークラスになると、若くても6万バーツ以上、希少なCPAライセンス保持者や、ビジネスレベルの英語力を求める場合は10万バーツも視野に入ってきます。

ちなみに会計学部卒で日本語スキルを求めると、超希少人材となりますので、いくらお給料を積んでも該当する方がいない可能性が高いです。

日本語通訳

<経験別給与相場>

新卒:2万~4万バーツ(例:N3で2万・N2で2.5万・N1で3万)

経験10年未満:2.5万~6万バーツ

経験10年以上:6万バーツ以上(N1であれば8万バーツ前後が妥当)

日本語通訳は日本語の能力(持っている資格)に応じてお給料が決まる場合が多いです。

新卒者でも一般のタイ人より高めのスタートで、経験を積めば積むほどお給料が上がる傾向にあります。

一般的に会議や商談の通訳を滞りなく行えるのはN2以上のスキルが必要と言われており、それくらいのスキルなら30歳前後で6万バーツくらいが相場です。

ちなみに日本語の通訳は大手企業の場合は、通訳兼秘書業務がメインとなりますが中小企業の場合は通訳と人事総務を兼任している場合が多いです。

よって、人事Managerや総務Managerで日本語が話せる人材というのは意外と見つかりやすい傾向にあります。

エンジニア

 <経験別給与相場>

新卒:1.8万~2.2万バーツ

経験10年未満:2.5万~4万バーツ

経験10年以上:5万バーツ前後

エンジニアは新卒者でもだいたい1.8万バーツからスタートし、他の職種に比べて相場が高いです。

30歳までのエンジニアなら3万バーツ以内が妥当な給与額ですが、30歳を超えたところで一気に3.5万、4万と給与額が跳ね上がります。

実習生として日本へ行った経験がある人材も多く、特殊な技術や日本語などのスキルがあると+1万バーツくらいとなります。

中でもProfessionalライセンスの所有者はAssociateライセンスの所有者よりも数が少なく、低い給与額で探すのは中々難しいでしょう。

IT人材と同様に売り手市場となっておりますので、3~5年サイクルで給与アップの為に転職する人が多い傾向にあります。

IT関連職

 <経験別給与相場>

新卒:1.7万~2万バーツ

経験5年未満:2万~3.5万バーツ

経験5年以上10年未満:3万~6万バーツ

経験10年以上:6万バーツ以上

現在最も需要が高まっているのがIT関連職種の為、経験1.2年程度でも高い給与水準を要求してくる場合があります。

ITといっても幅広く、中でも希少とされているのがプログラミングが出来る人材(プログラマーシステムエンジニア、アプリケーションエンジニアなど)は、給与が上がりやすい為離職率も高い。

また、IT人材はバンコクに集中しており、地方の製造業で設備の機械化やITシステム化などを進めるための人材が非常に集めにくい傾向にあります。

まとめ

今回は職種別の給与相場をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

今回の数字を参考に+αのスキルが必要なら数千バーツプラスして新しい人材の予算を組めば、給与相場のミスマッチによる採用活動の難航というのは防げると思います。

しかし、社内の給与レンジが市場の相場よりも低い場合は、バランスを考えると難しいんですよね。

あとは、手取りよりも福利厚生や残業を重視する人が多いのもタイの方の特徴の一つではないかと個人的には思いますので、また別の機会にお話しできればいいなと思います。(あんまり人材系の記事の需要ないんですよね。笑)

よかったら下に張り付けてある関連記事も見て頂けると嬉しいです!

(※今回の記事はタイ国内の複数の日系人材会社が一般向けに発表している2019年のデータと、私見を基に作成しました。)

関連記事はこちら

www.thithithai.info

www.thithithai.info

 

写真素材のピクスタ