日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

バンコクから3時間の穴場ビーチリゾート!サメット島の行き方・見どころ徹底ガイド

バンコクから日帰りで行けるビーチにパタヤという有名な街がありますが、実はもっと美しいビーチが気軽に行ける距離にあるのをご存じですか?

今日はバンコクから行ける美しいビーチのある島「サメット島」をご紹介します!

旅行者にはあまり馴染みのない島ですが、タイ在住の日本人の中にはリピートするほど好きな方も多くいるサメット島の行き方や魅力をご紹介していきますね!

サメット島はどこにあるの?どんなところ?

サメット島はタイの南東部、ラヨーン県の南側に位置する島です。

バンコクからは車と船を乗り継いで約3~3.5時間で到着するため、プーケットなどの南部のリゾート地へ行くよりは手軽に訪れる事ができます。

遠浅のターコイズブルーの海と白く細かい砂浜がとても美しく、一部では「バンコクから行ける秘境」「穴場ビーチスポット」とも呼ばれています。

その名の通り、ガイドブックにはあまり乗っていない為海外からの観光客よりも地元タイ人や在住外国人のリゾート地として有名な島です。

ビーチにはいくつものビーチチェアがセットやパラソルが設置されており、美しいビーチを眺めながらのんびりと過ごすだけでなく、ダイビングやマリンアクティビティを楽しむ事も可能です。

サメット島の行き方

f:id:thithithai:20200427131635j:plain

サメット島を訪れるには主に2種類の方法があります。

  • バス
  • 現地ツアー

タクシーを手配していく事も可能ですが、エリア的に流しのタクシーがいないので、1泊する場合は帰りの事を考えるとあまりおすすめできません。

ですので、今回はこちらの2つの方法のみ説明しますね。

バス+フェリー

f:id:thithithai:20200427131618j:plain

ツアーを使わずに自力で行く場合はBTSエカマイ駅前のバンコク東バスターミナルを利用します。

バスターミナルに着くと、サメット島まで行く船着き場Ban Phe港行きのバスに乗る必要があります。

チケット売り場には「Koh Samet(サメット島の意)」の看板が出ていてすぐわかると思いますし、わからない場合でも係員の人に「コー・サメット」と言えばチケット売り場を教えてもらえますよ。

バスは通常の観光バスくらいの大きさのあるものですので、定員オーバーで乗れないという事は恐らく無いとは思いますが、時間に余裕のある方は事前にチケットを買っておいた方が安心です。

運賃はおよそ200バーツで、交通状況にもよりますが約3時間程度でBan Phe港へ到着します。

Ban Phe港からはフェリーが出ています。チケットは乗り場ですぐに購入できます。

フェリー出発の時まで時間に余裕がある場合は、帰りのバスチケットをこの時に購入しておくことをおすすめします。

現地ツアー

 私は前回バスで訪れましたが、チケットの購入や乗り継ぎの心配をしなくていい点では現地ツアーもおすすめです。

ベルトラでツアーを検索すると日帰りでお昼ごはん付きのプランが5,000バーツ程でありました。

自力で行くよりは割高ですが、ホテルまで迎えに来てもらえて、送迎者の中で寝てるだけでいいいと思ったら、すごい気楽で良いですよね。

ベルトラでツアーを検索してみる

現地のパンダトラベルやHISにも国内日帰り旅行でツアーがあると思うので検索指名てくださいね!

サメット島の見どころ・楽しみ方

f:id:thithithai:20200427131656j:plain

サメット島の良さは、何と言っても美しい遠浅の海に、白い砂浜です。

のんびりと海を眺めながらビーチで飲むビールと、バンコクではなかなか味わえない新鮮なシーフードは最高の一言に尽きます。

個人的には海は眺めるだけで充分なのですが、マリンアクティビティを楽しんでいる方が多かったので、サメット島で楽しめる事を簡単にまとめておきますね。

充実のマリンアクティビティ

サメット島でできるアクティビティは下記の通り

特にシュノーケリングツアーで周辺の無人島などを周るツアーは人気があるようです。

マリンアクティビティを行うツアー会社はビーチ周辺にたくさんありますし、ホテルでも案内を出している所が多いので、わからない方は宿泊先のフロントデスクに聞いてみると良いでしょう。

夜のファイアーダンスは必見

f:id:thithithai:20200427131719j:plain

夜にビーチで行われるファイヤーダンスはサメット島の名物ですので、宿泊する方は必見です。

ファイヤーダンスはいくつかの飲食店の催し物として開催されておりますので、該当の飲食店で食事をしながら見るのがおすすめですが、だだっ広いビーチでやっているので別に食事しなくても見る事ができます。笑

私が行ったお店はここ!

【Poly Taray Restaurant】

住所:Tharuea Ban Phe-Ko Samet (Na Dan) Road , Phe , 21160 Mueang Rayong , Rayong, タイ

電話番号:038 644 212

営業時間:6:00~22:00(定休日なし)

ファイヤーダンス開催時刻:20:00スタート/21:00スタート

HPはこちら

 Poly Taray Restaurantは、サメット島で一番最初にファイヤーダンスを始めたお店で、旅行者の中で最も有名なお店と言っても過言ではありません。

20時スタートの回は人が一杯なので昼間に席の予約をしておくか、19時ごろに行って先に食事を楽しんでおくのが良いみたいです。

私たちは海で遊び疲れて(ビール飲みすぎて笑)ホテルで寝てしまったので2回目の21時スタートの回に行きました。

大体の方が20時スタートの回を見終わった後にホテルに帰っていくのか、21時スタートの回はガラガラでサービス満点でした。 

レンタルバイクで島を周遊するのもおすすめ

島内はソンテウトゥクトゥクを使って移動ができますし、船着き場から一番近いビーチまでは徒歩で行くことも可能です。

しかし、もっと奥の観光客の少ないビーチまで足を運びたい場合はバイクをレンタルしたほうが便利かもしれません。

船着き場にはいくつかのバイクレンタル屋さんがあり、パスポートを提示すれば借りる事ができるので、バイクに乗れる方はトライしてみてはいかがでしょうか。

サメット島の滞在時間は?

純粋にビーチを楽しむだけなら、早朝に出発して昼前に到着、夕方にバンコクへ向けて出発というように日帰りで楽しむ事は可能ですし、現地ツアーには昼食付きのそのようなツアーもあります。

しかし、ビーチサイドでのファイアーダンスはもちろんですが、ビーチサイドのおしゃれなバーでライブ演奏を聴きながらのんびりとくつろぐ時間もとっても素敵なので、旅程に余裕のある方は1泊して翌日のお昼ごろにバンコクへ向けて出発するのがおすすめです。

まとめ

 今日はバンコクから3時間で行けるビーチリゾート、サメット島についてご紹介しました。

日帰りはちょっぴり大変ですし、夜のファイアーダンスは超おすすめなのでせっかく行く機会があるなら一泊することをおすすめします。

そして1泊もあれば十分楽しめますので、短い旅程の中にも組み込めそうですよね!

今回の記事がサメット島に興味を持っている方の参考になっていれば嬉しいです♪

 

広告

写真素材のピクスタ