日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

【副業ライターのはじめかた】最初のステップ「月3万円を稼ぐまで」を実体験から解説

副業を始めてまもなく1年、今日は始めた頃の自分を振り返り、現在の副業での収入に至るまでの経緯や作業に費やした時間などについてまとめようと思います。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 副業ライターに興味があり、始めようと思っている
  • 興味はあるが、仕事と両立できるか不安
  • 初心者が実際にどれくらい稼いでいるのか知りたい

 詳しい始め方については下記の記事を参考にしてください。

www.thithithai.info

私のこれまでの経験

f:id:thithithai:20200328184929j:plain

自宅でできる新しい趣味が欲しくて興味を持った副業ですが、始めた頃の私の経験はゼロでした。

仕事は法人営業をしていて、基本的に外回り。文章を書く機会はフォーマットのある報告書をサクッとまとめるか、お客様へのメール程度のもの。

当時はブログもやっていなかったので、1000文字以上の文章を書くのは恐らく大学で課題として書かされていたレポート以来だったんじゃないかと思います。

でももともと自分の考えを文字に起こしてアウトプットするのは好きで、気が向いた時に携帯メモに日記を書いたりはしていました。

初月の報酬は約1万円

未経験から始めたライターの副業ですが、初めは1000~2000文字程度で簡単に書けそうなテーマを選んでチャレンジしました。

何本か書いて、初月の報酬は約1万円。

この頃はたった1000文字の文章を書くのに5,6時間かかっていて、仕事が終わってから夜中までかけてやっと完成するというような状態。

寝る間を惜しんで作業をしてたった1万円しか稼げないなんて企業だったらブラック以外の何でもないのですが、当時は文章を書いただけで1万円も稼げた事が大きな喜びになっていました。

副業ライター歴約1年|現在の報酬はいくら?

f:id:thithithai:20200423221857j:plain

初月1万円を稼いで調子に乗った私ですが、毎月コンスタントに1万円を稼いでいた訳ではありません。

モチベーションが下がっていた時や、旅行やイベントごとが重なって作業時間を確保できなかった時などの収入は3,000円程度という月もありました。

しかし、毎月一定数納品していく事で作業スピードが上がったことや、継続案件に注力していたこともあり少しずつ単価が上がり、同じ作業量でも稼げるようになってきたのです。

2020年4月の報酬で初めて月3万円を達成しました!

気になる現在の報酬ですが、先月(2020年4月)の報酬は初めて3万円を達成しました。

コロナウィルスの影響でほぼ家で引きこもっていたため納品量が増えたことが影響したのだと思いますが、最も大きな要因は継続案件の単価が上がったことだと推測します。

作業時間は毎週末4~5時間/1日なので、1週間で10時間前後、1か月で40時間前後となります。

やっとこさ時給750~850円という人間らしい数字になってきました。笑

要領の良い人は月5万~10万円という方も!

私は単価を考えずに書きたい内容のお仕事を選んで作業を行っていますが、文字単価にフォーカスして1文字1円以上の案件のみ受注するだけで、少ない作業時間でももっと効率よく稼ぐことができます。

上手く稼ぐ人なら頑張り次第で5万~10万円も稼ぐことができるでしょう。

しかし、単純に作業量を増やして稼げるのはいいところ10万円までじゃないかなと推測します。

仕事選びの注意点などはこちらに詳しく書いています。

 

www.thithithai.info

3万円を稼ぐ為に必要な作業時間は?

さきほど軽く作業時間について触れましたが、3万円稼ぐ為には一体どれくらいの作業量が必要なのでしょうか。

私の考えを簡単に解説していきます。

1週間の作業時間は約15時間

まず私の作業量についてですが、先ほど触れたように8~10時間/週です。

今は少し単価の良い継続案件を行っているのでこんなもんですが、一般的に初心者が受注できる案件で、慣れない方が行うのであれば、15時間/週は作業時間として確保したほうが良いのではないかと思います。

15時間ってすごい多いような感じがありますが、他の娯楽や程よい交際も犠牲にせずに確保できる時間がこの「15時間」だと考えています。

平日は毎日1時間・土日に合計10時間が目安

15時間はどこからでてきたんや??と思うかもしれないので簡単にご説明すると、前述のように平日は仕事終わりに1時間、土日は各5時間というのを目安にしました。

とんだブラック企業でない限り、恐らく会社からの帰宅後1時間ぐらいは自分の趣味に充てる時間は確保できるだろうと思ったのと、毎日1時間でいいならご飯を食べながらテレビをみたり音楽を聴いたりする時間や、ゆっくりと半身浴する時間もちゃんとキープできますよね。

週末飲みに行く約束がある場合は、他の日に頑張って1.5時間作業をするとか調整もしやすいです。

作業量を増やせば収入も上がる

色々話してきて、最終的に根性論になってしまって申し訳ないのですが、とにかく毎週15時間確保して、がむしゃらに作業すれば初心者でも割と簡単に3万円に到達すると思います。

私は性格的に高すぎる目標を掲げるとやる気をなくしてやらなくなってしまうタイプなので、達成しやすく継続しやすいようにとこの作業時間を目安にやってきました。

今はブログも書いているので10時間になってしまっていますが、この作業量で3万円を達成できたことは結構自信につながっていて、もっと作業時間を確保できれば5万円も夢じゃないなと思えるようになってきました。

「高い目標の方が燃えるぜ!」って方は、土日各8時間とか、平日2時間とか確保すれば、私なんかよりもっともっと早いペースで3万、5万と達成し、上達スピードも速いのではないかと思います。

まとめ

今回は自分が副業で3万円を稼ぐまでの思い出話(?)を中心に、この1年間で感じた事や解ってきた事をお話ししました。

上手く説明できたかわかりませんが、とにかく副業ライターは無理なく作業を続けても継続していれば3万円くらいは稼げるようになるという事です。

そして仕事を上手に選び鬼のように作業をすれば5~10万も夢じゃないだろうって事も言いたかったんです。

現在はあまりこれ以上の収入が欲しいと思ってはいないのですが、5万円達成したらまたこのブログで報告しようと思います。

自分にできる仕事があるかどうか、まずはクラウドワークス上でお仕事検索をしてみるのもアリかも。

参考までに以下にリンクを貼っておきますね◎

クラウドワークス

他にも副業に関する記事をいくつか書いているので、興味のある方は「副業」カテゴリからチェックして頂けると嬉しいです!

広告

写真素材のピクスタ