日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

タイのアロマブランド監修のカフェ「KARMAKAMET DINER(カルマカメット・ダイナー)」へ行ってきた!

※今回はコロナ自粛前のお話です。

タイのお土産としてよく名前の挙がるアロマブランド「KARMAKAMET(カルマカメット)」ですが、そこが監修するおしゃれなカフェがプロンポンにあるのをご存じですか?

随分前にバンコクの駐妻さん界隈で話題になったこちらのカフェは雰囲気が良く、お料理も素敵なので女子旅のアテンドにもぴったり!

今日はKARMAKAMET監修のカフェ「KARMAKAMET DINER(カルマカメット・ダイナー)」についてご紹介します。

KARMAKAMET (カルマカメット)ってどんなブランド?

KARMAKAMET(カルマカメット)はタイ発のアロマブランドで、フレグランスやアロマキャンドル、雑貨類などを販売しています。

日本にも東京と名古屋に店舗があるので、詳しい方はご存じかもしれません。

KARMA(カルマ)は「業」または「無意識に与えるいい影響」という意味があり、KAMET(カメット)はチベットとインドの国境にある山を指す言葉。

ブランドには自分だけの居心地の良い空間をカルマカメットの香りを通して想像してほしいという想いがあるそうです。

日本のホームページから商品の購入が可能ですので、詳細は基本情報欄をご覧ください。

ちなみにアマゾンからの購入も下記商品が可能なようです。

KARMAKAMET DINER(カルマカメット・ダイナー)の場所

f:id:thithithai:20200511142839j:plain

カルマカメット・ダイナーは、BTSプロンポン駅前のデパート「エンポリアム」の裏くらいの場所に位置します。

駅を降りてエンポリアムとベンチャシリ公園の間の道を3~5分ほど歩いた左手の路地の奥にお店があります。

路地の奥にひっそりとあるので、初めて訪れた場合は少しわかりにくいかもしれませんが、こんなところにこんな素敵な一軒家カフェがあるなんて!と、見つけた時には驚く事でしょう。

バンコクに複数の店舗があるカルマカメットですが、店内で飲食ができるのこの店舗とセントラルワールド店のみのようです。

(ダイニングはLOHNG1919店もあるとの記載がHPにはありますが、詳細が出てこないので現在営業しているか不明です。)

KARMAKAMET DINER(カルマカメット・ダイナー)のメニュー

f:id:thithithai:20200511142517j:plain

今回はここのエッグベネディクトが美味しいとの情報をどこかから入手した友人に連れられて、遅めの朝ごはんとしてカルマカメット・ダイナーに訪れました。

まずメニューやテーブルセットから全てがかわいいです。

漢字が書かれているオリジナルのテーブルセットに疑問を抱いていたのですが、チベットやインド、中国からインスパイアされているブランドという事をこの度知ってやっと腑に落ちました。

f:id:thithithai:20200511142407j:plain

私がオーダーしたのはエッグベネディクト。実はこの日食べたエッグベネディクトが人生初ベネディクトでした。

トロットロの卵がパンとサーモンに絡んでこんな魅力的な食べ物があるんだなあと感動しました。

上にかかっているソースが少し酸味の強いもので、これはあまり口に合わなかったのですが、エッグベネディクトの正解を知らないのでこういうものなんだろうと思いながら食べました。

f:id:thithithai:20200511143129j:plain

友人が頼んだフルーツたっぷりのフレンチトーストも彩りが鮮やかでとっても美味しそうでした。

KARMAKAMET DINER(カルマカメット・ダイナー)の店内

f:id:thithithai:20200511142553j:plain

カルマカメット・ダイナーの店内はアンティーク調の家具や内装で揃えられていて、緑豊かで隠れ家のような雰囲気でした。

店内は日本人の奥様集団が多く、奥にはお子様連れでも気兼ねなく座れる広めの席もありました。

私たちはテラス席を希望したので、緑に触れながら爽やかなブランチを楽しむ事ができました。

ダイニングスペースだけでなく物販エリアもあり、そこにはカルマカメットのプロダクトがズラリと並んでいて圧巻。

素敵な香りに包まれながら日本へのお土産物選びも捗りそうでした。

KARMAKAMET DINER(カルマカメット・ダイナー)の基本情報

住所:30, 1 Sukhumvit Rd, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110 タイ

電話番号:02 262 0700

営業時間:10:30~19:00

HPはこちら

日本のオンラインショップはこちら

まとめ

今回はアテンドにもおすすめのカルマカメット・ダイナーをご紹介しました。

カフェ利用だけでもOKですが、カクテルやスイーツもこだわりが詰まっていて美味しいのだとか。

朝ごはんにしては少しお値段の張るカフェですが、寺や象だけではないお洒落なバンコクを紹介できる素敵なお店だと思います。

駅からもアクセスしやすく、お土産物も買えちゃうので、気になる方は行ってみてくださいね!

写真素材のピクスタ