日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

バンコクから行くチェンマイ旅行!行き方・ベストシーズンなど基本情報まとめ

タイで第二の都市、チェンマイ

バンコクとは違ってのんびりとした空気を楽しむことが出来る人気の観光地で、毎年多くの方が国内外からチェンマイへ訪れます。

私もチェンマイののんびりとした空気感が大好きで、昔から何度か訪れています。

昨年は2回ほどバンコクから旅行で行ったので、今日はバンコクからチェンマイへの行き方など基本的な情報をまとめようと思います!

チェンマイはどんなところ?

f:id:thithithai:20200519233010j:plain

チェンマイバンコクから約700㎞北へ行った場所にあり、日本で例えるなら東京都と岡山県位の距離感です。(私調べ)

バンコクに次いで二番目に大きな都市とされているチェンマイはかつてラーンナー王国の首都として栄えており、その歴史は現在のバンコクよりも古いのです。

そんな歴史あるチェンマイには市内の至る所に古いお寺が数多く残っていて、都があった名残から、市の中心部には今もまだお堀と城下町の入り口となる門が残っています。

バンコクとは違う北部独自の文化が栄えた街でもありますので、食文化や伝統工芸品、建築物などからも、その違いを感じる事が出来るでしょう。

都会らしい一面と古都の趣の両方を感じられる独特の空気感は、訪れた人々を虜にしています。

バンコクからチェンマイへの行き方

f:id:thithithai:20200519232800j:plain

 バンコクからチェンマイへ行く場合は以下の3つの方法があります。

  • 飛行機
  • 鉄道
  • バス

日本からチェンマイへ行く場合でも、直行便はありませんので必然的にバンコクを経由する流れになるでしょう。

それぞれの行き方について以下で解説していきます。

飛行機

バンコクからチェンマイへ飛行機で行く場合、所要時間は約1時間15~40分。

スワンナプーム空港、ドンムアン空港どちらからも一日数十本運航しています。

運賃は時期や航空会社によって様々ですが、LCCで行く場合、早期に予約すれば片道3,000円~5,000円程度。

観光客の集中するロイクラトンの時期や年末年始などは20,000円位まで上がったりもしますが、平均すると片道10,000円前後が目安でしょう。

飛行機のメリットは何といってもその速さです。

他の交通手段に比べ圧倒的に早く到着しますので、弾丸旅行の場合は特に飛行機がおすすめです。

Expediaでチェンマイ行きの航空券を見てみる

鉄道

f:id:thithithai:20200519232713j:plain

密かに人気があるのが約14時間かけていく鉄道の旅です。

鉄道でチェンマイへ向かう場合はファランポーン駅から発車となり、夜行列車を含めると1日に6本運行しています。

運賃は以下の通り。

  • 1等個室:5,000円前後
  • 2等ベッド付き:3,500円前後
  • 2等シート席:3,000円弱
  • エアコンなしのシート席:2,000円強

時間はかかりますが、のんびりと車窓からの風景を楽しむ旅をすることが出来ます。

社内には食堂車もあるので、レトロな電車に揺られながらお食事もとることが出来ますよ!

個室席やエアコン付きの車両は席数が少なくすぐに満席となってしまいますので、早めの予約がおすすめです。

オンライン予約は90日前から出発の2時間前まで可能です。

以前は60日前からじゃないと予約できなかったのですが、更に早く予約可能になったようです。

オンライン予約はこちら(英語)

バス

交通費を節約したいならバスがおすすめです。

チェンマイ行きのバスはBTSモーチット駅近くのバンコク北バスターミナルから発着しています。

所要時間は約11時間で40分間隔で早朝から深夜まで運行しています。

運賃は以下の通り。

  • VIPシート(3列食事つき):約2,000~2,800円
  • 2等バス(一般的な長距離バスタイプ):約1,500円

食事付きでお得感のあるVIPシートでも3,000円以下なのは他の交通手段と比べてかなり安いですね。

VIPシートの価格差が広いですが、途中停車があるタイプとノンストップでチェンマイへ行くタイプで価格が異なるようです。

バスの場合は1日の本数が多いので予約をしなくても当日窓口でチケットを購入すれば大丈夫かと思いますが、乗りたい便が決まっている場合はオンライン予約も可能です。

オンライン予約はこちら(英語)

チェンマイを楽しむのに必要な日数

f:id:thithithai:20200519233047j:plain

初めてチェンマイに行く方はどれくらいの日数を確保すべきか迷うと思います。

極論を言うと日帰りでも楽しめますが、じっくり隅々まで楽しむなら2泊3日は最低限必要かなと個人的には思います。

バンコクからなら土日や三連休を活用して訪れられるので気軽に行くことができます♪

チェンマイを満喫するなら最低2泊3日は欲しい

チェンマイはお寺巡りやカフェ・雑貨屋巡りの他にも様々なアクティビティがてんこ盛りです。

有名な観光スポットやレストラン、カフェ、ショッピングなど全てを楽しみたいなら2泊3日はあった方が満喫できると思います。

チェンマイでできるおすすめのアクティビティはまた別の記事にまとめますね。

早朝出発の日帰り弾丸旅行も人気です

最近では駐妻さんを中心に早朝に出発して夜に戻ってくる日帰り弾丸旅行も人気なんだとか。

お洒落なカフェや雑貨屋を巡るだけなら日帰りでも十分楽しめるかもしれませんね。

日本からタイ旅行に訪れる方で、期間にあまり余裕はないけれどチェンマイも行きたい!という方でも、ある程度行く場所を抜粋すれば

チェンマイ旅行ベストシーズンは?

タイにも季節はあり、過ごしやすい時期とそうでない時期があります。

以下ではチェンマイへ旅行するベストシーズンについて解説しています。

過ごしやすい気候は11~2月の乾季

雨が少なく、日中も気温がそこまで上がらず過ごしやすいのは11~2月の乾季です。

ただし、この時期は旅行のハイシーズンにもなりますので、ホテルや航空券の代金も他の時期に比べると少し高い傾向にあります。

とにかく安く旅行したいなら雨季の中でも6月が最も安くなると言われているのでおすすめですが、チェンマイバンコクのように屋内で楽しめるスポットが少ないので一日中雨が多いと街歩きが少し大変かもしれません。

また、乾季のベストシーズンは朝晩が冷え込む傾向にあります。

パーカーや薄手のシャツなどの羽織物は必ず持参しましょう。

4・5月頃は最高気温が40度近くまで上がる為注意

タイでは1年の中で最も気温が上がる4・5月は北部のチェンマイでも同じように気温が上がります。

この時期はバンコクよりもチェンマイの方が暑く、ひどい時は40度を超える日もあったりします。

バンコクであれば避難できる冷房付きのお店やショッピングモールが沢山あるので、暑い日でもそこまで大変さはありませんが、チェンマイは大きなショッピングモールがそこら中にあるわけでもなく、さらにめちゃくちゃ暑いです。

この時期にチェンマイを訪れる方は熱中症対策をしっかり行いましょう。

まとめ

今回はバンコクからチェンマイへ旅行する際の行き方など基本情報をまとめてみました。

個人的に大好きなチェンマイはご紹介したい事が山ほどありますので、順次記事を更新していきますね!

広告

写真素材のピクスタ