日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

チェンマイ旅行◎旅行中絶対に食べたい北タイ料理4選

その土地でしか食べられない郷土料理は旅行の楽しみの一つではないでしょうか。

チェンマイには、バンコクでは食べる機会の少ないタイ北部の料理を出すお店がたくさんあります。

一括りに北タイ料理と言ってもバンコクで食べられるタイ料理と違うものはどれなのか、限られた旅行期間中に何を食べるべきなのかと迷ってしまう方も多いはず。

今回はチェンマイ旅行で絶対に食べたい北タイ料理をご紹介します!

旅行期間中絶対に食べたい北タイ料理は4つ!

一括りに北タイ料理と言っても色々ありますが、今回は北タイ料理の定番中の定番である4つの料理をご紹介します。

個人的に北タイ料理の定番は以下の4つだと思っています。

  • カオソーイ
  • ゲーンハンレー
  • サイウア
  • ナムプリック・ヌム

最近ではバンコクでも気軽に食べられるようになってきましたが、やはり本場は安くて美味しいお店がたくさんあります。

それでは、それぞれどんな料理なのか詳しくご説明しますね!

カオソーイ

f:id:thithithai:20200523160819j:plain

北タイ料理の代表格のひとつがカオソーイという麺料理です。

カオソーイは一言で言うと、ココナッツカレーラーメンといったところでしょうか。レッドカレーペーストにココナッツミルクを合わせたスープにもちもち卵麺を入れ、上にはパリパリの揚げ麺を乗せた料理です。

辛さの中にマイルドなうまみがあり、香辛料系が苦手な方でも馴染み易い、日本人に人気の料理のひとつです。

骨付きのチキンが入っているものが一般的ですが、牛肉や豚肉など、バリエーションは豊富です。

 

私が行ったお店はここ!

【カオソーイ・ラムドゥアン】

住所:352 22 Charoen Rat Road, Tambon Wat Ket, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50000 タ イ

電話番号:092 795 2228

営業時間:8:00~16:00(火・日は17:00まで営業)

Facebookはこちら

バンコクに支店あり

 

ゲーンハンレー

f:id:thithithai:20200523160707j:plain

ゲーンハンレーは豚肉をコトコト煮込んだカレーの一種です。

タイではグリーンカレーマッサマンカレーが有名ですが、どのタイカレーにも属さない独特の味わいです。

コクのあるカレーに千切りのショウガがトッピングしてあり、これがめちゃめちゃ合う!

ハンレーというのが何かはわかりませんが、ガラムマサラの一種のようで、インドのそれとはスパイスの配合が異なるようです。

私が初めてこのゲーンハンレーを食べたのはバンコクの北タイ料理のお店で、実はまだチェンマイでは食べたことがないのですが、その美味しさに度肝を抜かれたので、次回チェンマイへ行った際は絶対に食べようと心に決めている料理です。

ちなみに、辛くないので辛いものが苦手な方でも食べられますよ。

私が行ったお店はここ!

【ジンジャーファームキッチン】

住所:One Nimman Nimmanahaeminda Road, Suthep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200 タイ

電話番号:052 080 928

営業時間:10:00~23:00(定休日なし)

HPはこちら

※私が訪れたのはバンコク支店ですが、チェンマイの情報を掲載しておきます。

バンコク支店の様子は下の記事をチェック!

www.thithithai.info

 

 

サイウア

f:id:thithithai:20200523160629j:plain

サイウアは直訳すると、「腸詰め」という意味で、いわゆるソーセージです。

チェンマイのサイウアは豚ひき肉にトウガラシやハーブがたくさん入っていて、じわじわとくる辛さとハーブの風味がビールのお供に最適です。

バンコクでは北タイ料理屋の他にデパートのお総菜コーナーなどでも手に入れる事ができますが、チェンマイではこのサイウアの屋台が至る所にあり、しかもめちゃめちゃ安い!

辛さと旨みが癖になりついつい食べすぎてしまうのですが、燃えるような辛さじゃないのに食べた数時間後の破壊力が強い食べ物です。

欲張って食べすぎると半日後や翌日のお腹とお尻が大変なことになるので、辛いものがあまり得意じゃない方は食べすぎ注意です!

ナムプリック・ヌム

f:id:thithithai:20200523160610j:plain

ナムプリック・ヌムは青唐辛子を含む数種類の唐辛子やエシャロット、ハーブ、ニンニクなどをクロックで丁寧にすり潰して粗めのペースト状にしたもので、料理というよりはソース的な立ち位置です。

写真のようにおつまみセットの真ん中を陣取っている事が多く、様々なものに付けて食べるのだという事がよくわかりますが、ケープムーや生の野菜などに付けて食べるのが一般的です。

f:id:thithithai:20200523160546j:plain

ナムプリック・ヌムをご飯に混ぜた料理もチェンマイで食べましたが、辛さが和らいでこれも美味しかったです◎

以下のお店は特別ナムプリック・ヌムがおいしい!という訳ではなくなんとなく入ったお店です。

周辺は川沿いに素敵なお店がたくさんあり、どのお店でも北タイ料理を気軽に楽しむ事が出来ますよ。

 

私が行ったお店はここ!

【The Rivrside Bar&Restaurnt】

住所:9, 11 Charoen Rat Road, Tambon Chang Moi, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50000 タ イ

電話番号:053 423 239

営業時間:10:00~翌1:00(定休日なし)

HPはこちら

Facebookはこちら

サイウアとナムプリック・ヌムは、先日チェンマイからお取り寄せもしてみて大当たりでした!詳しくは下の記事を見てみてください! 

www.thithithai.info

 3時のカフェタイムにはタイ産の豆で淹れたコーヒーがおすすめ

f:id:thithithai:20200523160511j:plain

街歩きの休憩にカフェなどに立ち寄った際は、是非タイ産のコーヒーを味わってみてほしいです。

写真のアカアマコーヒーで使用されている豆は山岳民族である「アカ族」の村で栽培されているコーヒー豆で、農薬や化学肥料を一切使わずに育てられたものなんだとか。

味はもちろんなのですが、環境や身体にも配慮しているコーヒーは地元タイ人、韓国客問わず大人気で、チェンマイNo.1との呼び声も高いです。

その人気から東京に支店がオープンする事が決まっている様なので、日本でも美味しいタイ産のコーヒーが気軽に味わえるようになって嬉しいです。

 

【アカアマコーヒー】

住所:Hussadhisawee Soi 3, Chang Phueak, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50300 タイ

電話番号:088 267 8014

営業時間:8:00~17:30(定休日なし)

HPはこちら

Facebookはこちら

HP・FBからコーヒー豆の購入が可能です。

※旧市街の中、メインストリートに支店があり、そちらの方がアクセスしやすいかもです。

まとめ

今回はチェンマイ旅行中に絶対に食べたい北タイ料理をご紹介しました。

一括りにタイ料理と言っても各地方ごとに魅力的な郷土料理があります。バンコクではある程度のものが食べられますが、やはり本場で食べるご当地の味は格別!

是非チェンマイ旅行の際の参考にしてみてくださいね!

チェンマイの基本情報はこちら

www.thithithai.info

 

広告

 

写真素材のピクスタ