日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

ウドムスック駅真下のタイ料理店「カオトムウドムスック(Udomsuk Boiled Rice)」でお持ち帰り

私の住むウドムスック駅周辺はローカル屋台がたくさんある、タイらしい活気あふれる下町です。

タイ料理は屋台で何でも買えるような恵まれた環境ですが、惣菜系の屋台が多く、意外と出来立ての炒め物系やおいしいソムタムを作ってくれるお店が少ないのが悩み。

そんな私が熱々のガパオやおいしいソムタムが食べたい時に利用するのが今日ご紹介する「カオトムウドムスック」です。

食べたいものは一通り何でもつくってくれるお店なので、詳しくご紹介していきますね!

カオトムウドムスック(Udomsuk Boiled Rice)の場所

f:id:thithithai:20200602223507j:plain

カオトムウドムスックはBTSウドムスック駅真下にあるタイ料理店です。

電車を降りたらプンナウィティ側の改札を出て右側(奇数側)の出口の階段を降りれば目の前にあるので迷う事は無いでしょう。

One Udomsukという商業施設の隣と覚えておけば大丈夫◎

グルメサイトの激旨タイ食堂さんで紹介されていたイサーン料理店があった場所だと思うのですが、同じ店なのかどうかは不明です。(関連ページはこちら

このお店もイサーン系の料理のバリエーションが豊かなので、同じお店なのかもしれませんし、詳しい事はわかりません。

カオトムウドムスック(Udomsuk Boiled Rice)のメニュー

f:id:thithithai:20200602223704j:plain

カオトムウドムスックのメニューはイサーン料理を中心に、食べたいなと思ったものは何でも作って貰えます。(多分)

カオトムウドムスックという名前だけあって、カオトムが美味しいのだろうかと気にはなっているのですが、軒先ののぼりにもカオトムの写真が無いしおすすめなのかはわからず、注文したこともありません。

メニューがフォトアルバムになっていて、一枚一枚めくるのが面倒なので、私はいつも食べたいものを「〇〇ある?」と聞いて作ってもらうのですが、「ない」と断られたことは今のところなく、定番系の料理は平均的においしいです。

今回はソムタムとコームーヤーンを注文しました。※ソムタムはもちろん唐辛子1つで注文。

ソムタムはちょうどいい味付けで、周辺でソムタムが買えるお店の中では一番好みでしたが、コームーヤーンはもうすこし脂がのっている方が好きかな。まあアッサリめでナムチムなしでも味付けがしっかりしていたので美味しかったですが。

お店で食べようと思って行ったものの、時間帯が早くノーゲストだったのでなんだか気まずくてお持ち帰りにしました。

通常、夜はお店の外のテーブルまでお客さんで一杯になるような人気のお店なんですけどね。

カオトムウドムスック(Udomsuk Boiled Rice)の店内

f:id:thithithai:20200602223839j:plain

外観とは違って店内は少しお洒落っぽい雰囲気が漂っています。

改装して間もないのか清潔感もありますので屋台系のお店が苦手な方でも入りやすいかも。

お店はワンフロアの一般的なタイの食堂といった雰囲気化と思っていたのですが、Facebookページをチェックすると2階もあるみたいです。

大人数でわいわいするなら2階席の方が落ち着いて食事ができるかもしれませんね。 

カオトムウドムスック(Udomsuk Boiled Rice)の基本情報

住所:เลขที่ 3967 อุดมสุข, Sukhumvit 103 Rd, บางนา, Bang Na, Bangkok 10260 タイ

電話番号:02 747 8376

営業時間:16:00~翌3:30

Facebookはこちら

まとめ

今回はウドムスック駅真下にあるタイ料理店「カオトムウドムスック(Udomsuk Boiled Rice)」をご紹介しました。

あくまで個人の好みなのですが、あまり綺麗すぎるタイ料理店だと一人ではちょっぴり入りづらく、逆に汚すぎるのも嫌なのでちょうどいい雰囲気のお店です。

通常時は通路までテーブルを出して、よく欧米系の方がビールを飲んでいるようなゆるい雰囲気があり、今回久々に訪れてノーゲストな事を目の当たりにし、あの頃の光景が懐かしく感じました。

駅前で利用しやすく、食べたいものはここへ行けばある程度食べられるという使い勝手の良いお店なので潰れないよう微力ながら応援しようと思います。

写真素材のピクスタ