日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

プロンポンの台湾おにぎり専門店「FAN TUAN」で台湾式のおにぎりをお持ち帰り

最近話題沸騰中の台湾おにぎり専門店「FAN TUAN」、インスタやツイッターなどでも取り上げられており、一度は目にしたことがあるまたは、気になっていたという方も多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人。

今日プロンポンへ行く用事があったのでついでに晩ごはん用にゲットしてきましたので、気になっている方の参考になるよう詳しくご紹介していきますね!

FAN TUANの場所

f:id:thithithai:20200610230608j:plain

FAN TUANはBTSプロンポン駅直結のデパート、エムクオーティエの地下にあります。

場所がちょっとわかりにくいのですが、餃子屋さんの前あたりです。

駅直結の棟から降りた場合、エスカレーターを降りたら右手のフードコート方面に進んでください。

ちなみにこちらのFAN TUAN、もともとは屋台から始まったお店のようで、お洒落ナイトマーケットで知られる「ART BOX」にも出店していたようです。

現在はエムクオーティエ以外にも複数店舗がある模様。

屋台から始めてフランチャイズ化…最近ハマって見ていた梨泰院クラスを思い出します。

FAN TUANのメニュー

f:id:thithithai:20200610230640j:plain

FAN TUANのメニューは太巻きのような台湾おにぎりで、種類が5種類ほどあります。

この日は2種類が既にソールドアウトとなっていました。

私は1番のTHE TRADITIONAL FAN TUANと、2番のMALA CHICKEN FAN TUANを注文。

足りなかったら困るので2個注文しましたが、1個で十分なくらいの大きさがありました。

f:id:thithithai:20200610230718j:plain

相変わらず写真がどへたくそですが、半分に切ってみた図。

左がトラディショナル、右がマーラーです。

1番のトラディショナルは、マヨが入っていて万人受けする味付け。

2番のマーラーはその名の通りピリ辛の味付けでしたが、辛いのが苦手な私でも問題なく食べられたので辛いのが好きな方には物足りないかも。

他にもザーサイっぽいものやオクラ、キノコ、レタスなどの野菜もたくさん入っていて具沢山でボリューミーでした。

もち米のおにぎりはどんな感じなんだろう?と少し不安だったのですが、モチモチ食感のご飯に具がよく合うし、もち米なので多少食べづらくてもポロポロこぼれてこないのが良かったです。

FAN TUANの基本情報

住所:693 695 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ

営業時間:10:00~22:00

Facebookはこちら

まとめ

今回は台湾おにぎり専門店「FAN TUAN」をご紹介しました。

初めて食べたもち米のおにぎりはクセが無く、食べやすい味でした。

値段もそこまで高くないし、ボリューミーで具沢山なのも嬉しい点でした。

今回食べなかったポークや、売り切れていたメニューも試してみたいので、また近くにた際は買ってみようと思います。

ところでこれは台湾でも普通に食べられているストリートーフードなのだろうか。

台湾旅行へ行った際には是非とも本場のおにぎりを食べてみたいです。

写真素材のピクスタ