日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

アテンドにもおすすめのお洒落タイ料理店「Near Equal(ニアイコール)」へ行ってきた

日本からバンコクへ遊びに来た友達から聞かれて困る質問個人的な第1位。

それは、「おすすめのタイ料理屋につれてって!」である。

本当に私のおすすめでいいの?そしたらすぐそこの屋台になるけど大丈夫?とは言えず、いつもこの要望が上がってくる度に、友人の好きなテイストのタイ料理屋を考えるのです。

同世代の女の子ならちょっとお洒落っぽい所、タイ好きな子なら小綺麗な所よりもちょっと雑多な東南アジア感強めのところや、ちょっとコアな料理も出している所、親世代や高級志向のお友達なら定番系で高級感のあるところ…などなど。

そもそも私の場合、普段の食事を屋台やフードコートで済ませる事が多い為、たまに行く外食では日本食やイタリアンなど屋台で食べられないものが食べたいという思考になります。よって、私はタイ料理屋をあんまり知らない!という結果に陥るのです。

前置きが長くなりましたが、そんな私が前回友人の来タイ時に利用したお店が、今日ご紹介するNear Equal(ニアイコール)です。

ここは女子のアテンドに今後も使えるな!と思ったので、詳細をまとめていきますね◎

Near Equal(ニアイコール)の場所

f:id:thithithai:20200706183033j:plain

ニアイコールはスクンビット・ソイ47にあるタイ料理店です。

最寄り駅はBTSトンロー駅で歩くと10分くらいで到着するでしょう。

レインヒルという商業施設がソイの入り口にあるので、迷う事もないと思います。

周辺は閑静な住宅街となっていて、お店自体も緑で覆われているので、軒先にある看板を見逃さないように注意しましょう!

Near Equal(ニアイコール)のメニュー

f:id:thithithai:20200706182748j:plain

ニアイコールのメニューはスタンダードなタイ料理がメインです。

ランチタイムにはセットメニューも登場し、価格が150バーツからと、レストランにしては結構リーズナブルです。

この日はパッタイと鶏肉のなんか巻いたやつ、ヤムウンセン、そしてジャスミンライスをオーダーしました。

f:id:thithithai:20200706182933j:plain

パッタイジャスミンライスという食べ合わせは関西人で言うお好み焼きにご飯と同じノリではないかと思っています。

ヤムウンセンは辛さ控えめで日本人でも食べやすい味になっていました。

他の辛くない系のメニューも、どれも美味しかったです。

器や盛り付けも上品で、女性好みな雰囲気があり連れて行った友達も満足そうでした。

Near Equal(ニアイコール)の店内

f:id:thithithai:20200706182959j:plain

店内は大人数で座れる大部屋から、2名掛けのテーブルまで様々な客層に対応できる造りとなっていました。

木材をふんだんに使用した内装は温もりがあり、まるで誰かのお家にお邪魔しているようなアットホームな雰囲気を感じました。

この日はランチの時間帯からかなり外れていたので、私たち以外にお客さんがおらず、とってもくつろいで食事を楽しむことが出来ました。

1階は雑貨屋になっており、セラドン焼きの食器やタイの作家さんが作る可愛いアクセサリーなど色々なものが販売されていました。

お香セットなどアロマ系も少しあって、どれもお洒落で可愛かったので日本の友達へのお土産にもピッタリじゃないかと思います。

Near Equal(ニアイコール)の基本情報

住所:22/2 Sukhumvit Soi 47,Sukhumvit Rd., Bangkok,10110

電話番号:02-258-1564

営業時間:11:30~21:30(1階のショップは10:00~21:00)

※月曜定休日

HPはこちら

まとめ

今回は旅行者のアテンドにもおすすめなニアイコールをご紹介しました。

コテコテのタイといった感じでは無いのですが、異国の古民家感が心地よく、ついつい長居してしまう空間でした。

レンタルオフィス?のようなサービスも行っているみたいなので、奥様達の習い事の集まりなんかにも使いやすいのかなーなんて、奥様じゃない私が勝手に想像しておりました。

お洒落でかわいいタイ料理屋さん、また友達が遊びに来た際には利用したいなと思いました。

写真素材のピクスタ