日々のくらしと旅のこと

私のバンコク滞在備忘録

バンコク最新アウトレットモール「SIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOK(サイアム・プレミアムアウトレット・バンコク」へ行ってきた!

今日は先日訪れたSIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOK(サイアム・プレミアムアウトレット・バンコク)のご紹介です。

2020年の6月にオープンしたばかりのこちらのアウトレットは、タイ初出店のブランドもあり個人的に注目しておりました。

とはいえパンピーの私はそんな気軽にポンポン買い物が出来ないので今回は何も買わずに偵察といった感じでぐるっと見てきたので、今日は行き方なども含めて詳しくご紹介していきますね!

SIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOKの場所

f:id:thithithai:20200726204231j:plain

SIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOKスワンナプーム空港近くにできたアウトレットモールです。

バンコクの県境近くにありますが、一応住所はサムットプラカーン県となります。

スワンナプーム空港から車で約15分とかなり近いので、タイへの旅行者をターゲットにしているという事がよくわかります。

SIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOKへの行き方

今回はスクンビットから車で訪れたのですが、所要時間は1時間かからないくらいでした。

車が無いと行きづらい場所ではありますが、無料のシャトルバスがありますので、そちらを利用するのも可能。

シャトルバスでの行き方

シャトルバスで行く場合はエアポートレールリンクのマッカサン駅から発着となります。

マッカサン発のバスは7:30~19:30まで、30分~1時間間隔で1日に14本出ています。

朝の時間帯が特に本数が多く、オープンに合わせてアクセスできるのはありがたいですね。

時刻表はHPに載っていますので下記URLからチェックしてみてください。

アクセス方法詳細

ちなみにスワンナプーム空港からは車で15分くらいなのでエアポートレールリンクで空港まで行き、そこからタクシーを使うという手もあります。

バスを待つのが面倒な方はこの方法もアリなんじゃないかと思います。

SIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOKの施設内の雰囲気

f:id:thithithai:20200726204153j:plain

新しいモールというだけあり、施設内は綺麗で高級感もありました。

お洒落なオブジェやフードトラックが良い感じで、至る所で撮影会が開かれているのがタイらしいなあと思ったり。

f:id:thithithai:20200726204210j:plain

子供が遊べるアスレチックっぽいスペースもあり、お母さんが買い物を楽しんでいる間にお父さんと子供達はアスレチックで遊ぶなんていう画が想像できました。

子連れで来やすいショッピングモールはいいですよね。子供おらんけど。

個人的に要チェックなお店はここ!

f:id:thithithai:20200726204046j:plain

SIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOKを訪れた際に絶対立ち寄りたいお店は以下の3か所

BALENCIAGA

ADIDAS

NIKE

BALENCIAGAバレンシアガ)は個人の趣味も入っていますが、アウトレットはバンコク初出店という事で、かなり注目されています。

ヨーロッパのアウトレットなどを知ってる方にとっては微妙な値引き率だとは思いますが、人気のバッグや財布、シューズ類も展開されていたので、目当ての商品があったらラッキーっていう感じですかね。

f:id:thithithai:20200726204126j:plain

ADIDASNIKEは鉄板。見ていて損はないです。

正直こちらもデパートやモールでたまにやってる安売りセール位の値引き率なのですが、種類が豊富なのが魅力的。

今回アディダスはお並びが凄すぎて入れなかったんですが、ナイキは欲しいシューズも発見できました!(サイズ欠けで買えなかったけど。)

タイ人だけでこんなにお並びが出来るなんて…観光客の受け入れが始まったら中国人がめちゃくちゃ増えそうな匂いがしました。

SIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOKの基本情報

住所:989 หมู่ที่ 14 Bang Sao Thong, Bang Sao Thong District, Samut Prakan 10570, Thailand

電話番号:02-082-8998

営業時間:10:00~22:00

HPはこちら

まとめ

今回はバンコクの最新アウトレットモール「SIAM PREMIUM OUTLETS BANGKOK」をご紹介しました。

まだ空いているテナントがあったので、しばらくしてから行くともう少し楽しめるかなというのが正直な感想。

今回写真を撮り損ねたのですが、フードスペースも結構充実していましたし、敷地が広いので1日かけてしっかり楽しめるショッピングスポットではないかなと思いました。

写真素材のピクスタ